HOME学生生活学生生活ガイド > 気象警報発令等による臨時休講について

学生生活

学生生活ガイド|気象警報発令等による臨時休講について

交通機関の途絶・気象警報等の緊急状況の場合

交通機関の途絶・気象警報等の緊急状況のときは、別段の指示がなくても、臨時休講とします。

交通機関途絶の場合

次のいずれの場合も、臨時休講となります。

  • 神戸新交通(ポートライナー)の途絶
  • JR西日本、阪急電鉄および阪神電鉄のいずれもが途絶
  • JR西日本、山陽電鉄および神戸電鉄のいずれもが途絶

※ただし、事故等による短時間の臨時運休の場合は、対象となりません。

気象警報等の場合

神戸市に以下のいずれかの警報が発令されている場合は、臨時休講となります。

警報

暴風警報・大雪警報・暴風雪警報

特別警報

大雨特別警報・暴風特別警報・大雪特別警報・暴風雪特別警報

交通機関の途絶・気象警報が解除となった場合

通常授業日

交通機関の途絶・気象警報が解除となったときは、次の区分により措置します。

  1. 午前7 時までに解除となったときは、平常授業を行う。
  2. 午前10 時までに解除となったときは、午後から平常授業(午後から開始の授業)を行う。
  3. 午前10 時現在、なお解除とならないときは、終日休講とする。

 定期試験および追(再)試験日

定期試験および追(再)試験の日に、交通機関の途絶および気象警報の発令があった場合は、次のとおり措置します。

  1. 午前7 時までに交通機関の途絶・気象警報が解除された場合、当日の試験は実施する。
  2. 午前7 時現在、交通機関の途絶・気象警報が続いている場合、当日の試験は中止する。
  3. 試験開始後に警報発令の場合は、その時間のみ試験を実施し、以降の試験は中止する。
  4. 上記にかかわらず、居住地域の状況により、欠席がやむを得ないと認められるときは、本人の願い出により、特別の措置を講じることができる。
  5. 中止となった科目の試験は、順延とせず、後日あらためて指示する。

授業開始後に発令等があった場合

授業開始後に発令等があった場合は、学生の安全を第一義に考え、臨時休講の措置について別途指示します。

上記以外の休講

上記以外に特別な状況に応じて、休講とすることがあります。

臨時休講のお知らせについて

臨時休講は、KISS システムで確認することができます。

▲ このページのトップへ