神戸女子大学

Career


講習一覧(平成23年度)

平成23年度講習一覧表

講習は全て選択領域で、1講習6時間で実施します。

講習名 担当講師 開設日 受講人数 受講対象者
悩み解決・パワーアップの実践研究-子どもの目が輝き保護者の信頼を得る指導支援の方法- 山口 芳弘
庄司 圭子
高瀬 陽子
三木 さち子
平成23年8月3日
水曜日
30人 教諭(幼稚園、小学校)
児童・生徒による授業評価の考え方と方法 長瀬 荘一 平成23年8月4日
木曜日
30人 教諭(幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校)
食育の実践①-ふくらむ不思議を科学する- 井上 吉世
小澤 美貴
平成23年8月5日
金曜日
30人 教諭(幼稚園、小学校、中学校)、養護教諭
食育の実践②-子どもの発達の視点から食育を考える- 西川 貴子
平野 直美
平成23年8月5日
金曜日
30人 教諭(幼稚園、小学校、中学校)、養護教諭

※講座3「食育の実践①」と講座4「食育の実践②」は同日同時間帯での開講のため、同時受講はできません。

ページトップ

平成23年度講習の詳細

悩み解決・パワーアップ実践研究

担当講師:山口 芳弘(教育原理、教育課程論、教育の方法・技術)
庄司 圭子(保育内容の指導法<人間関係・環境>)
高瀬 陽子(保育内容総論、教育の方法・技術)
三木 さち子(教職原論、保育原理、幼児理解の理論・方法)

保護者や地域と連携して魅力ある教育活動を推進していくために必要な指導法の工夫や教材の作成、苦情への対応について研修する。
作品づくりや体を動かしての活動、また情報交換も図りながら、日々の活動に活用できる教材作成や指導法の研究をベースに研修を深めていく。

ページトップ

児童・生徒による授業評価の考え方と方法

担当講師:長瀬 荘一(教育心理学、教育課程論、教育評価)

午前は女子大学の講義「心理学(教養)」を体験受講し、それを素材に学習者の立場に立った授業評価の在り方について全員で討論し、グループ毎に授業評価表の試案を作成する。
午後は学習者による授業評価の考え方と視点、方法と技術について講義を受ける。作成した授業評価表の一試案を用いて全員が評価し、OCR(光学式文字読取り機)を利用して即時に結果を集計しグラフ化する体験により、学校での日常的な授業評価に活かす。

ページトップ

食育の実践①-ふくらむ不思議を科学する-

担当講師:井上 吉世(調理学、食品学実験、調理学実習)
小澤 美貴(調理学実習、栄養学実習、クリエーティブクッキング)

児童・生徒の健全な心身の発達のためには学校における健康教育は重要であり、教諭及び養護教諭は食育などの幅広い知識が必要となる。家庭科教育の主要領域である食分野の指導あるいは学校教育において「食育」をどのように導入し、展開させていくかを講義ならびに具体的な調理実習を通して考える。「食育」の歴史的背景、食育をめぐる諸問題および食育基本法の成立について解説する。

ページトップ

食育の実践②-子どもの発達の視点から食育を考える-

担当講師:西川 貴子(給食計画実務論、健康食育論、調理学実習、食生活基礎技術演習)
平野 直美(解剖学、健康食育論、生理学)

児童・生徒の健全な心身の発達のためには学校における健康教育は重要であり、教諭及び養護教諭は食育などの幅広い知識が必要となる。そこで「子どもの発達の視点から食育を考える」を主眼として、午前は子どもの脳の発達と食の関係、臨界期における味覚教育の重要性に関する講義を受講する。
午後は味の判別や五感を全て駆使した味の表現などを体験し、子どもたちへの味覚教育の実践方法をグループ別に検討し学校、園での食育の実践に繋げる。

Campus/キャンパス

ポートアイランドキャンパス

〒650-0046 神戸市中央区港島中町4-7-2
TEL:078-303-4700