神戸女子大学

Outline


学長挨拶

神戸女子大学 学長 中島 實

専門性を身に付け、自立心に富み、
対話力と創造性にすぐれた
女性の育成をめざして

神戸女子短期大学 学長 中島 實

神戸女子短期大学は、「世界の平和と人類の福祉に貢献しようとする有為な女性を育成する」ことを建学の精神として、大学の主たる役割である「教育・研究・地域貢献」を果たすべく、学生が求める大学、地域が求める大学、時代が求める大学を目指しております。この理念・目的に基づいて、本学教育の標語として「自立心・対話力・創造性」を掲げ、自立心に富み、対話力と創造性にすぐれ、人類社会の発展に貢献する女性を育成しています。

神戸女子短期大学を設置する行吉学園は、戦前の昭和15年設置の「神戸新装女学院」まで遡り、平成27年には学園創立75周年を迎え、今日、創設以来75年を超える歴史に支えられております。その中で神戸女子短期大学は、昭和25年(1950年)に開学した、我が国で最も長い歴史を持つ短期大学の1つで、現在は、総合生活学科、食物栄養学科、幼児教育学科の3学科があり、将来それぞれの分野で活躍する実践的な専門家を育てています。

総合生活学科は、生活場面で起こるさまざまな問題を適切に理解し、家庭生活はもとより地域や社会の要望に応じて、具体的に問題解決できる企画性と指導性をもった、能動的で教養豊かな社会人を育成することを目標としています。また、食物栄養学科は、食のスペシャリストとして幅広い知識や技術を身につけ社会に貢献する人材、さらに「食育」に関心をもち、これからの食生活と健康のあり方を追究する人材を育成することを目標としています。さらに、幼児教育学科は、保育者としての使命感と誇りを持ち、専門家の自覚を持った人材、コミュニケーション力に富み、自らを律する強い心と自立心を備えた保育者、小学校との接続を考慮し子どもの成長に関して広い展望を見据えることができる保育者の育成を目標としています。これらの分野で学んだ学生が、卒業のときに希望に満ちた進路が獲得できるよう、私たち教職員は全力を上げて支援します。

神戸女子短期大学は、これらの人材を育成し社会に輩出するとともに、さらに学びを進めたい学生には同じ学園の神戸女子大学への編入学の道も開かれており、学生のさまざまな進路に対応する支援と体制を備えた短期大学となっています。

多くの皆さんが、この神戸の地に集い、ともに学ばれることを期待しております。

Campus/キャンパス

ポートアイランドキャンパス

〒650-0046 神戸市中央区港島中町4-7-2
TEL:078-303-4700