トップページお知らせ2017年度 > お知らせ詳細

秋晴れのもとで第45回運動会

2017年10月8日
神戸女子大学 学園広報

運動会の様子自分たちの描いた絵と旗が飾られた会場に入場する園児 運動会の様子年少組:「出発進行!ハッピーたんけんたい!」 運動会の様子年中組:「めざせ!パラバルーンマスター!」 運動会の様子年長組:「ゴーゴー☆竹馬」

「やさしい心をもち、主体的に行動する子ども」を育てることを教育目標に掲げる神戸女子大学附属高倉台幼稚園ではその成果を保護者に発表する場として、運動会では園児の発達に応じ、家族も参加しともに楽しめる運動会を開催しています。

2017年10月8日・日曜日、神戸女子大学須磨キャンパスのグラウンドで未来を担う子どもたちがさまざまな競技に挑戦し、やりぬく力を主体的に身につけることを目的として第45回高倉台幼稚園運動会を開催しました。

全園児168名と2歳か3歳の未就園児「にこにこクラブ」の40名が秋晴れのもと、それぞれの競技で生き生きとした姿を見せました。

年少組は障害物を乗り越えゴールをめざす「出発進行!ハッピーたんけんたい!」と保護者を目指して走る「笑顔戦隊 ハシルンジャー」、年中組は全力で走る「キラキラスマイル☆レッツゴー」と心をひとつにパラバルーンを扱う「めざせ!パラバルーンマスター!」、年長組は足にまめをつくりながら練習をしていろんな技を披露した「ゴーゴー☆竹馬」とクラス対抗のリレー「走れ!パワフル年長組」の競技で保護者に成長した姿を見せました。

「にこにこクラブ」の子どもたちが無理なくできる種目、保護者は綱引き、おじい様とおばあ様は玉入れに参加できるなど、家族の絆も深まる運動会となりました。

また、神戸女子大学文学部教育学科4年生の幼児教育コースを履修している学生80名は、教育実習の一環として運動会の準備を行い、当日のスタッフとして参加しました。

教育実習は2017年4月から同園で始まっており、園児が成長していく過程を見守りながら実践的に幼児教育を学んでいます。将来、幼稚園・保育園・こども園で活躍するために運動会当日だけではなく計画、準備段階からこの行事に参加できたことは、貴重な体験となりました。

当日のアルバム


▲2017年度お知らせ一覧へ ▲このページのトップへ