HOME学園概要 > 建学理念

学園概要 UNIVERSITY GUIDE

  • 理事長挨拶
  • 建学理念
  • 歴史・沿革
  • イベントカレンダー
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 関連リンク
  • 旧神戸女子大学瀬戸短期大学について

建学理念

建学の精神

本学園の教育は、民主的で文化的な国家を建設して、世界の平和と人類の福祉に貢献しようとする有為な女性を育成するにある。
そのためには、人格の完成をめざし、平和的な国家および社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたっとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成に力をつくすにある。

教育綱領

学術の研究を通して人生社会に対する広い視野と深い洞察を身につけ、識見高く、心情豊かな女性を育てる。

個性の伸長をはかり、社会に貢献しうる人材を育てる。

勤労を愛し、義務と責任を重んじ、自律的に行動する態度を養う。

宗教的情操を培い、謙虚にして、愛情深く、よく苦難に耐え、常に信念に生きる女性を育てる。

明朗にして礼節あり、健康にして柔軟な心身の持ち主となり、よく世代を導きうる女性を育てる。

シンボルマーク

シンボルマークこのマークには、人間生活の基本的なものを探求し、未来への創造発展を目指す姿勢をはぐくむ、その教育の理念を託しています。全体的な形は盾をモチーフとし、半世紀にわたる伝統が格調高く表現しています。"K"の文字は"KOBE"を、そして文字の形が、柔軟な心身を持つ女性らしい曲線を描いています。
羽ペンは人間らしいソフトな感性と英知を、また、中央のバナーを波立たせることによって、波(海)を表現し、行吉学園のある、国際都市神戸の恵まれた環境を表現しています。下部のエレメントは、今まさに芽吹かんとする植物を描き、学生一人ひとりが、未来に向かって成長してゆく様を表しています。伝統的になりやすいエレメントを、鋭い線を用いることにより、現代的な印象を与え、国際的にも通用しうる新しいシンボルマークにデザインしています。

▲ このページのトップへ