HOME地域連携・生涯学習地域連携・生涯学習のNews2017年度 > News詳細

地域連携・生涯学習

地域連携・生涯学習のNews詳細

2017年5月14日
学園広報

音楽祭 ローズ・フェスタ開催

音楽祭 ローズ・フェスタの様子メインステージ:筝曲部の演奏で始まりました 音楽祭 ローズ・フェスタの様子メインステージ:ファッションAnfang部のファッションショー 音楽祭 ローズ・フェスタの様子メインステージ:司会進行の放送部の学生とオリジナルパンの配布でパンの説明をするパン研究会の学生(右) 音楽祭 ローズ・フェスタの様子地域連携推進センター長栗原 伸公副学長の挨拶

2017年5月14日・日曜日、「春のローズフェスティバル2017」が開催されている神戸市立須磨離宮公園において、「神戸女子大学音楽祭 ローズ・フェスタBON VOYAGE 〜風に乗って〜」を開催しました。

バラの花が一番美しいこの時期に、各クラブ等と文学部英語英米文学科有志によるステージでの演奏・演技の披露とワークショップを実施しました。

当日は初夏の汗ばむ晴天の下、多くのご来場者をお迎えすることができました。

ステージでは、若さあふれる学生たちの熱演が繰り広げられ、各クラブ等のステージが終わるたびに観客の皆様からあたたかい拍手をいただきました。

また、2016年に引き続き、ゲストとして明石で活躍する「S.F.BIG BAND」様をお迎えし、素敵なJAZZナンバーを演奏していただきました。

パン研究会は、恒例となったパンの無料配布でオリジナルパンである「ローズヒップベリーパン」「桜あんと大地の芽ぐみ」を配り、今回も大好評でした。

ワークショップでは、学生が考案した「ローズ・ワード・パズル〜白うさぎを探せ〜」と題したクイズに挑戦しながらバラ園を探検してもらい、参加者には神戸女子大学オリジナル「ローズカタログ」をプレゼントしました。

また、ご家族連れにはキッズリーダー部、神戸女子大学消防団のワークショップのコーナーも大人気で、楽しく遊んでいただきました。

ステージのプログラムの最後は、手話部 翼による手話コーラスで、ラストの「365日の紙飛行機」の曲にあわせ、来場者の皆様と神女大の学生が一緒になって365個の紙飛行機を飛ばし閉会となりました。

ローズ・フェスタの企画・運営は、神女大のローズ・フェスタ実行委員である地域連携推進委員会と「地域学習」履修学生によって行いました。また、須磨離宮公園の方々にも多大なご協力をいただきました。出演した学生と運営を支えた学生のいずれにも、学びの多い地域貢献活動となりました。

ご来場の皆様、開催を支えてくださった全ての皆様、ありがとうございました。

当日のプログラム
当日のアルバム

関連リンク

キャンパス・パーク連携
筝曲部
リズムモーションクラブ
ファッションAnfang
神戸女子大学管弦楽団
パン研究会
ダンス部
手話部
放送部
キッズリーダー部
神戸女子大学学生消防団
「ローズ・フェスタ」に学生消防団員が参加

▲2017年度トップへ ▲ このページのトップへ