HOME学生生活学生生活のNews2011年度 > News詳細

学生生活

学生生活のNews詳細

2011年4月10日
学園広報

第10回「お花見」満開の桜のもとで開催

お花見の様子 お花見の様子

2011年4月10日・日曜日、須磨キャンパスでは、恒例となった「お花見」がレクリエーションインストラクター指導研究部の企画・運営で開催されました。

この「お花見」は阪神淡路大震災後、地域の方を励ますために始められたものですが、2011年で10回目を迎えます。絶好のお花見日和に恵まれ、満開の桜の咲き誇る須磨キャンパスは約550名の来場者でにぎわいました。

このたびは、東日本大震災復興支援として、会場内で義援金の募金活動を行い多くの来場者の方にご協力をいただきました。

大学の正門前の橋の両端には、神戸女子大学附属高倉台幼稚園の園児が描いたかわいらしい絵が展示され、来場者の方を和やかな雰囲気で出迎えました。

特設ステージでは、神戸女子大学管弦楽団、筝曲部、コーラス部が日頃の練習の成果を多くの来場者の方の前で発揮しました。

2010年に引き続き、地域の女声コーラス“リリーベル”の皆様、附属高倉台幼稚園父母の会コーラス部の皆様の美しい歌声による合唱がキャンパス内に響きました。

デンマーク体操部の躍動感あふれる演技や、重福 京子准教授の巧みなトークと指導による「さわやか健康体操」が来場者の方も参加して行われ、会場は大いに盛り上がりました。

また、特設ステージ以外でも茶道部の和服姿の学生がお茶席を設け、お花見を華やかに彩りました。多くの親子連れの皆様が、スタンプラリー「さくらりー」に参加され、全スタンプを集めた先着150名の方に、パン研究会が焼いたパンが参加賞として配られました。

終盤のビンゴ大会で「お花見」をしめくくり、ご来場者の皆様に感謝するとともに学生にとって有意義なキャンパス開放の一日となりました。

当日のアルバム


▲2011年度トップへ ▲ このページのトップへ