HOME就職・進学・資格教職支援 > 教員免許状取得の条件

就職・進学・資格

教員免許状取得の条件

教員免許状を取得するためには、学士の学位を有し(大学を卒業し)、「教育職員免許法及び同施行規則」に定められた必要科目について単位を修得しなければなりません。

また、栄養教諭一種免許状の取得には、学士の学位を有し(大学を卒業し)、かつ管理栄養士の免許を取得または、管理栄養士養成施設(本学管理栄養士養成課程)を修了し、栄養士の免許を取得しなければなりません。栄養教諭二種免許状の取得には、学士の学位を有し(大学を卒業し)、栄養士の免許を取得しなければなりません。

  1. 教育職員免許法及び同施行規則により免許状の種類ごとに、「教科に関する科目」、「栄養に係る教育に関する科目」、「養護に関する科目」、「教科又は教職に関する科目」、「養護又は教職に関する科目」及び「教職に関する科目」がそれぞれ規定されています。

    教育職員をめざす者は、必ず受講しなければならない「教職に関する科目」群で、「教育職員免許法」及び「同法施行規則」は、教育職員の資質の保持と向上をはかることを目的に、教育職員免許状授与にかかわる諸条件等が定められています。

    これらの定めにより本学は、学科ごとに文部科学省から教育職員の養成機関としての課程認定を受け、これに基づく科目が開講されています。

  2. 各学科別教員免許状開講科目一覧で免許状の種類ごとに、「教科に関する科目」、「栄養に係る教育に関する科目」、「養護に関する科目」、「教科又は教職に関する科目」、「養護又は教職に関する科目」及び「教職に関する科目」を掲載していますので、それに基づいて必要な科目の単位数を修得しなければなりません。

    教科の科目については、各学科の専門科目の中で必修又は教職必修として開講されているので、規定区分に従った単位を必ず修得しなければなりません。

    さらに、「教職に関する科目」は、教育職員免許状の取得を目指す者は必ず履修しなければなりません。

    また、原則としてこの教職科目を履修し、教育職員に準じた資質を身に付けた上で、教育実習の事前指導も受けた者でなければ、教育実習へ行くことを許可できませんから、他科目との調整を含めて計画的に履修するようにしてください。

    また、教育職員採用試験は、必ず受験するという「誓約」を前提としなければ、教育職員を目指した科目を履修することはできません。

  3. 教員免許法施行規則第66条の6に定める科目として、全学共通教養科目に開設されている科目の日本国憲法(2単位)、情報Ⅰ(2単位)、外国語コミュニケーションⅠ(1単位)・外国語コミュニケーションⅡ(1単位)、スポーツと健康の科学(2単位)、基礎トレーニング(1単位)を修得しなければなりません。

 

▲ このページのトップへ