HOME学部学科・大学院・専攻科全学共通教養科目 > 全学共通教育部

学部学科・大学院・専攻科

全学共通教養科目|全学共通教育部


全学共通教育部について

全学共通教育部は、神戸女子大学の建学の精神を具現化するため、学部・学科の枠組みを越えた全学的なカリキュラムを提供すると同時に、学部・学科の個別的・専門的な研究や教育に対しても本学の個性を反映させることを目的とする学際的な組織です。

そもそも大学教育の目的は高度に専門的な知識と能力を養い、全人格的な陶冶と総合的な人間力の向上に資することです。具体的には資格取得や国家試験合格など就職に直接役立つだけではなく、道徳性や情操の涵養、知的な分析力と創造力、問題探究と解決の能力、社会への適応力の獲得などが重要な目的です。神戸女子大学の建学の精神にも「有為な女性を育成すること」、そのために「人格の完成をめざし、平和的な国家および社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値を尊び、勤労と責任を重んじ、自主精神に満ちた、心身ともに健康な国民の育成に力を尽くす」と明記しています。

神戸女子大学では、入り口・中身・出口の全てを重視した教育に取り組んでいます。つまり、入り口〔どのような学生を入学させるか〕、中身〔どのような教育を行うか〕、出口〔就職を含めて卒業後はどのような活動をし、どのような人生を送るか〕の全てにわたって大学教育を行うということです。全学共通教育部は、以上の趣旨にしたがって、大学教育の根幹部分に責任をもって担当し、明確な教育理念に基づいたカリキュラム編成と教育の実践を行うための中枢的な組織です。


全学共通教育部の役割

  1. 神戸女子大学の学生として共通して誇りうる能力や資質、人間性の涵養を目指します。
  2. 各学部・学科の専門科目以外の共通教育科目を提供し、かつ各学部・学科の枠を越えた相互履修を可能とするカリキュラムの計画立案を行います。
  3. 実習や採用試験対策の支援を行うとともに、キャリアサポートセンターとも連携して資格・就職支援・ライフデザインを支援するプログラムの実施を検討します。

全学共通教育部は、学部・学科の枠を越え、あらゆるフィールドを網羅した学際的な基礎教育を提供する新たなシステムとして誕生し、今後も、神戸女子大学だからこそできる「人間教育」を目指して、弛まぬ努力を続けていきます。

▲ このページのトップへ