HOME学部学科・大学院・専攻科英語英米文学科英語英米文学科のEvents2006年度 > Events詳細

学部学科・大学院・専攻科

英語英米文学科のEvents詳細

2006年10月17日
英語英米文学科 森


「リンダ・ベン-ツヴィ教授、ベケットを語る」

英文科主催特別講演(10月6日、図書館AVホール)

2006年は、アイルランド生まれの作家サミュエル・ベケットの生誕百年にあたります。ベケットは『ゴドーを待ちながら』で知られるノーベル賞作家です。その作品は20世紀の小説や演劇のありかたを根底からゆさぶり、世界中で熱い研究の対象となっています。

そうしたなか、ベケット研究の権威であり国際サミュエル・ベケット協会会長を務められるリンダ・ベン-ツヴィ教授が、英語英米文学科の主催によって本学図書館で秋季特別講演会をされました。リンダ教授は、ベケットのさまざまな演劇作品の一コマを映像で見せられ、その作品が哲学的にはさまざまな深い問題を投げかけているのだけれども、まず人の心に直接訴えかけるものであると力説されました。

その不思議な魅力にあふれるベケット演劇の映像とともに、リンダ教授の知的でやさしく情熱的なお人柄がにじみでた講演は、学生にとって何よりの贈り物となりました。
リンダ先生は、河上学長や湯谷学科長をはじめとする本学スタッフのあたたかいもてなしに心から感謝されつつ本学をあとにされました。


 

▲2006年度トップへ ▲ このページのトップへ