HOME学部学科・大学院・専攻科英語英米文学科 > 教員・ゼミ紹介

学部学科・大学院・専攻科

英語英米文学科|教員・ゼミ紹介


英語英米文学科の教員及びゼミについてご紹介します。(各教員のゼミ情報は随時追加いたします)

教授特任教授准教授専任講師特任講師助教

※職位順、五十音順

教授 木村 恵子

文化・文学・語学セミナー

アメリカ文学・文化。特に現代アメリカ詩・小説を研究。

研究業績リンク先は新しいウインドウで開きます

教授 Alexander Shishin

比較文化・文学Ⅰ
米文学特論
英米文学作品研究

アメリカ文学・比較文化・文学。近現代のアメリカ小説、短編研究。

研究業績リンク先は新しいウインドウで開きます

教授 清水 緑

英語学研究
英語史
英語学入門

英語学。英米語の文法や意味構造(特にトマス・ハーディを中心とした小説の言語、語彙の生産性について)の研究。

研究業績リンク先は新しいウインドウで開きます

教授 丸橋 良雄

英文学入門
文化・文学・語学セミナー
言葉と文学(イギリスの文学)

英国の演劇の中でも特に喜劇を中心にして、シェイクスピアの時代から20世紀に至るまでの喜劇作品を幅広く扱っています。演劇作品はあくまで舞台で上演されることを前提として書かれているので、ドラマツルギー、観客反応、俳優の演技等にも留意した研究をしています。

研究業績リンク先は新しいウインドウで開きます

教授 湯谷 和女

英文学入門
英文学史
文化・文学・語学セミナー

ジェイン・オースティンを中心とする18世紀末から19世紀初頭のイギリス小説を研究。

研究業績リンク先は新しいウインドウで開きます

▲ このページのトップへ

特任教授 森 尚也

英米文学特殊講義

小説、演劇、特にサミュエル・ベケットを中心とする現代イギリス文学・アイルランド文学研究。

研究業績リンク先は新しいウインドウで開きます

▲ このページのトップへ

准教授 Marsha Hayashi

オーラル・プレゼンテーション

スピーチの書き方からスピーチに伴うジェスチャーまでを学ぶ。最終的には学生が自らスピーチを作成し、発表できるスキルを身につける。

Marsha Hayashiゼミ(上級英語セミナー)

このセミナーでは、アメリカ社会と文化に焦点をあてています。現在アメリカが抱えている様々な問題を鋭く見ていきます。これらの論点には、アメリカ人の家族の構成や変化、アメリカの学校で今何が起きているのか、ビジネスの中での女性、そして臓器移植等の健康問題も含まれています、又アメリカ社会における軍事や差別にも目を向けます。ディスカッションはすべて英語で行われます。

研究業績リンク先は新しいウインドウで開きます

准教授 南 佑亮

英語史
英語学特殊講義
文化・文学・語学セミナー

認知言語学(cognitive linguistics)の立場から、英語の様々な構文現象の意味機能について研究しています。特に、(1)よく知られた構文を新たな視点から捉え直してより優れた記述・説明を提示すること、および(2)これまで注意を払われてこなかった構文現象を発掘すること、の2点に力を入れています。

研究業績リンク先は新しいウインドウで開きます

▲ このページのトップへ

専任講師 Thomas Lawrence Gullikson

Advanced English Semminar

The theme of the Advanced English Seminar is "Hawaii: The land, the people, and the culture." Students will explore various aspects of the Hawaiian lslands to gain a deeper understanding of the ancient and modem history and culture of Hawaii and Polynesia. Through both individual and group study, the seminar will culminate in a research paper which focuses on a topic of the students' choice.

研究業績リンク先は新しいウインドウで開きます

▲ このページのトップへ

特任講師 James Crocker

Advanced Oral Presentation

The Advanced Oral Presentation course teaches students how to make professional and effective presentations in English. Students will learn oral communication skills with a focus on public speaking, conversation, pronunciation and critical thinking skills. The course will culminate in a speech contest.

研究業績リンク先は新しいウインドウで開きます


助教 本田 隆裕

英語科指導法Ⅰ〜Ⅳ

伝統的教授法からフォーカス・オン・フォームに至るまで、指導法の変遷を学習する。模擬授業を通して自らの授業像を確立するとともに、理論言語学・第二言語習得研究などの科学的教養を身につける。

研究業績リンク先は新しいウインドウで開きます

▲ このページのトップへ