HOME学部学科・大学院・専攻科健康スポーツ栄養学科健康スポーツ栄養学科のNews2012年度 > News詳細

学部学科・大学院・専攻科

健康スポーツ栄養学科のNews詳細

2013年3月7日
健康スポーツ栄養学科

栄養サポートを行った京都橘高校が全国高校サッカー選手権大会で準優勝

2012年末から2013年1月19日・土曜日まで行われていた第91回全国高校サッカー選手権大会で、京都橘高校がみごと準優勝に輝きました。

京都橘高校サッカー部に対しては、三年前から神女大の坂元 美子准教授が栄養指導に携わっています。また、二年前からは健康スポーツ栄養学科のゼミ生が身体計測やヘモグロビン測定、食事内容などの調査をしながら、選手に何をどれだけ食べてもらったらよいかを研究しています。

今回、同校の選手権出場が決まり、年末の合宿から坂元准教授がチームに帯同して選手のコンディショニングに務めてきました。選手は12月26日・水曜日から1月20日・日曜日までの長期間、地元に帰ることなく調整を重ねてきましたが、試合に向けた栄養サポートを実施することで、食事の重要性を再認識してもらうことができました。また、米澤監督からも「どのような環境下でも90分走り続けて足がつらなくなったのは栄養指導のおかげ」と感謝のことばを頂戴しました。

これからも健康スポーツ栄養学科がチームのサポートをさせていただき、念願の初優勝を手にいれてほしいと心から願っています。

尚、神女大の同校に対する栄養指導の内容がフットボールチャンネルというサッカー専門メディアで記事になりましたのでご紹介します。

関連リンク

フットボールチャンネルホームページリンク先は新しいウインドウで開きます

合宿時の京都橘サッカー部と坂元准教授合宿時の京都橘サッカー部と坂元准教授

宿舎での食事宿舎での食事


試合前日の食事試合前日の食事

国立競技場のベンチ国立競技場のベンチ


勝戦後の選手控室決勝戦後の選手控室

銀メダルと坂元准教授銀メダルと坂元准教授


▲2012年度トップへ ▲ このページのトップへ