HOME学部学科・大学院・専攻科社会福祉学科社会福祉学科のEvents2010年度 > Events詳細

学部学科・大学院・専攻科

社会福祉学科のEvents詳細

2010年5月28日
社会福祉学科

行吉学園創立70周年記念「P愛福祉フォーラム」プレシンポジウム開催のお知らせ

「高校生とともに社会福祉の魅力を考えるシンポジウム」

詳細チラシ[PDF:1.4MB]

毎年開催している「社会福祉学科交流会」を、行吉学園創立70周年記念事業として、10月2日・土曜日に「P愛(ぽーあい)福祉フォーラム」として開催することになりました。
そこで、「P愛福祉フォーラム」へと繋いでいくシンポジウムとして、卒業生・在学生・高校生が社会福祉について考え交流するシンポジウムを企画しました。オープンキャンパスに来学した高校生も参加することで、社会福祉を学ぶおもしろさ、社会福祉現場で働く魅力を感じ、社会が求める社会福祉への期待を共に考えていけると思います。

開催日時
2010年7月31日・土曜日 12時30分〜14時30分
開催場所
神戸女子大学ポートアイランドキャンパスD501教室(D館5階)
参加者
卒業生・在学生・高校生
テーマ
「社会福祉の魅力を考える〜若者は福祉の担い手になりうるか」
<ねらい>
社会福祉の仕事は「厳しい、きつい、低賃金だ」といわれています。しかし、福祉分野の人材は不足しており年々増加の一途をたどっています。社会の人々は、福祉が充実してこそ安心して暮らせると考えています。これからの福祉を支える若い人々が生き生きと誇りを持って働けるようにできてこそ、人々の福祉への願いに応えることができます。
現場で利用者の人々と向き合っている卒業生から福祉の魅力を語っていただきます。そして、将来への不安を感じながらも福祉を学んでいる在学生から学びの意味を話していただきます。オープンキャンパスに参加された高校生からは、社会福祉に期待することを述べていただきます。
若者が社会福祉に対する確信が持てるようになれば、我が国の社会福祉の未来も明るくなるに違いありません。
シンポジスト
①社会福祉現場から…医療福祉、児童福祉、高齢者福祉の分野で活躍する卒業生3名
「社会福祉の仕事の魅力について」
②在学生から…各学年の在学生から3名
「自分が考えている「福祉」を深めるために学んでいること」
③高校生から…当日参加した高校生の意見を①②のシンポジストが受けます。
*コーディネーター:松崎 喜良

P愛福祉フォーラムの詳細は、開催のお知らせをご覧ください。

関連リンク

「P愛フォーラム・プレシンポジウム」開催報告
行吉学園創立70周年記念「P愛福祉フォーラム」開催のお知らせ
オープンキャンパス情報

▲2010年度トップへ ▲ このページのトップへ