HOME入試情報奨学金制度 > 奨学金制度一覧

入試情報

奨学金制度一覧

日本学生支援機構神戸女子大学奨学金制度教育後援会育英奨学金
青山会奨学金その他

日本学生支援機構

日本学生支援機構の奨学金は、一部の給付型奨学金を除き貸与型ですので貸与終了後は返還する義務があります。家庭の経済状況や卒業後の生活設計を十分に考慮して適正な貸与額を設定してください。

日本学生支援機構ホームページ New Window

国内

区分 名称 対象 出願資格 貸与・給付月額
給付 給付型奨学金 学部生
1年生
住民税非課税世帯の人で高等学校等在学時に十分に満足できる高い学習成績を収めていること
自宅通学 3万円
自宅外通学 4万円
社会的養護が必要な者(児童養護施設退所者等)のうち、大学等における学修に意欲があり、進学後特に優れた学習成績を収める見込みがある等として高等学校等の学校長からの推薦を受けられる者 4万円
※一時金として入学時に24万円の交付を受けることができます。
貸与 定期採用 第一種
(無利子)
学部生 人物・学業ともに特に優れ、経済的理由により修学困難と認められる者 自宅 3万円又は5万4千円から選択
自宅外 3万円又は6万4千円から選択
大学院生 学業成績が優秀な者 修士・
博士前期
5万円又は8万8千円から選択
博士後期 8万円又は12万2千円から選択
第二種
(有利子上限年3%)
学部生 人物・学業ともに優れ、経済的理由により修学困難と認められる者 申請時に3万円、5万円、8万円、10万円、12万円の中から希望する額を選択。(途中で増減可)
大学院生 学業成績が優秀な者 申請時に5万円、8万円、10万円、13万円、15万円の中から希望する額を選択。(途中で増減可)
緊急採用
応急採用
学部生 家計を支えている者が、失職・破産・会社の倒産・病気・死亡等または火災・風水害による被災等により家計が急変したため緊急に奨学金の必要が生じた場合に一定期採用とは別の基準により貸与を受けることができる制度です。
家計が急変してからおおむね1年以内である場合、申込むことができます。
貸与月額は、定期採用(第一種・第二種)と同じ
大学院生

国外

名称 対象 出願資格 採用基準 貸与月額 貸与期間
短期留学
第二種
(有利子)
学部生 学生課奨学金窓口にお問い合わせください。 学業成績
経済困窮度
3万円、5万円、8万円、10万円、12万円の中から希望額を選択。 留学開始年月から留学終了年月まで
大学院生 5万円、8万円、10万円、13万円、15万円の中から希望額を選択。
海外留学
第二種
(有利子)
学部生 5万円、8万円、10万円、13万円、15万円の中から希望額を選択。 学位取得のための入学年月から在籍学校の標準修業年限の終期まで

主な手続き

名称 対象 内容 手続き方法等 日程
申込
採用
学部生
1年生
(給付型奨学金)
家計・学力・資質基準を満たしており、奨学生としてふさわしいとして高等学校長等からの推薦を受けられる者
申込に必要な書類を配布 4月
オリエンテーション
学部生
大学院生
(予約採用生)
高校及び大学等在籍中に、大学又は大学院に入学することを条件として予約採用候補者となった者
説明会持参書類
①採用候補者決定通知
②学生採用候補者の皆さんへ
4月
オリエンテーション
学部生
大学院生
(定期募集)
在学生で奨学金の申込を希望する者
申込に必要な書類を配布 4月
オリエンテーション
編入学生 編入学後も継続して貸与を希望する者は、第二種奨学金に限り継続できます。 編入学奨学金継続願の提出
(貸与継続は第二種奨学金のみ)
4月中旬
在学猶予願 編入学生 短大、大学の時に日本学生支援機構の奨学金の貸与を受けていた者 「在学猶予願」をスカラネットPSから提出。
※在学期間中は返還期限が猶予されます。
[入力時に必要な情報]
学校番号:306054-00
在学猶予願[PDF:168KB]
4月上旬
大学院生
(1年次)
途中辞退
(学部生・大学院生)
在学中に奨学金の貸与を辞退した者 貸与辞退後1ヶ月以内
適格認定
(継続手続)
学部生
大学院生
第一種奨学金又は第二種奨学金を貸与中の1年生〜3年生の者 奨学金継続の書類を配布、奨学金継続願をスカラネットPSから提出。 12月中旬
返還 学部生
大学院生
該当年度3月で奨学金の貸与が満期終了する者 返還に関する書類配布
返還手続きについての説明
10月中旬
在学中に奨学金の貸与を辞退する者 随時

※日程は変更になることもあります。学内の奨学金掲示板又は、KISSシステムの掲示板を確認してください。

各種届出について

内容 届出方法 届出書類名 学内締切
月額変更(増額・減額)をしたい場合 所定用紙で届出 月額変更願(届) 毎月末
退学・休学をする 異動届(願) 随時
振込口座の変更をしたい場合 振込口座変更届
住所が変わった場合 住所変更届
留学に行く場合 単位認定を伴う留学 留学奨学金継続願 留学の1ヶ月前までに
私費(休学して留学する) 異動届(願)

※その他の変更等については、各キャンパスの奨学金窓口に問い合わせてください。

※大学から機構へ提出した書類等の手続きには1ヶ月程度かかります。提出書類に不備がある場合は、受理されるまで変更等は出来ません。

▲ このページのトップへ


神戸女子大学奨学金制度

名称 対象 種別 出願資格 金額 申請時期
奨励金授与制度 学部生
2〜4年生
給付 学業優秀で品行方正の者に奨励金として授与するもの(大学が推薦するため学生の申請は不要) 10万円 6月上旬
授業料等免除制度 学部生 免除 在学中に発生した、主たる家計支持者による家計急変のため、修学継続が著しく困難になった者 授業料、教育・施設充実費の半額を免除 随時相談
神戸女子大学
大学院奨学金
大学院生 給付 修士及び博士前期課程 人物並びに学業成績が優秀で勉学意欲のある者
経済的に困窮している者で経済支援により、能力がより発揮されると期待できる者
授業料年額の1/2 4月頃
博士後期課程 人物並びに学業成績が優秀で勉学意欲のある者
経済的に困窮している者で経済支援により、能力がより発揮されると期待できる者
博士学位の取得が期待される者
授業料年額と同額

※授業料等免除制度の申請を希望する場合は、まず各キャンパスの奨学金窓口へ相談してください。

▲ このページのトップへ


神戸女子大学教育後援会育英奨学生奨学金(保証人の会)

在学中に学資の支弁が困難になり、修学継続が著しく困難な学生に対する奨学金制度で、教育後援会の会員子女が給付の対象者となります。詳細については、教育後援会事務局に問い合わせてください。

ただし、新入生及び編入生は初年度前期の申込はできません。

申込時期 前期:4月 後期:9月
給付額 20万円 20万円

▲ このページのトップへ


青山会奨学金(同窓会)

在学中、家計の急変により修学継続が著しく困難になった4年生の学生を対象として、後期の授業料等を給付する制度です。ただし、神戸女子大学奨学金制度の授業料等免除制度との併用はできません。

対象者 在学中、家計の急変により修学継続が著しく困難になった学部4年生
申込時期 7月1日〜7月31日
給付額 4年生後期の授業料、教育・施設充実費相当額を給付

その他の奨学金

本学に募集のあるその他の奨学金については随時掲示により案内しますので奨学金の掲示板で確認してください。その他、本学に募集が届かない奨学金も多くありますので、各自でホームページなどを検索してください。

応募資格に多くの条件があることや採用人数が少ない場合があります。

※日本学生支援機構との併用が認められないものもありますので、内容を確認してください。


▲ このページのトップへ