HOME大学概要 > 自己点検・評価活動

大学概要

自己点検・評価活動

大学基準協会認定マーク

大学は、学校教育法により、その教育研究水準の向上に資するため、教育及び研究、組織及び運営並びに施設及び設備の状況について自ら点検及び評価を行い、その結果を公表する義務があります。
また、これに加えて、大学における教育研究等の総合的な状況について、政令で定める期間ごとに、認証評価機関による評価を受けることが義務づけられています。

神戸女子大学は、2009(平成21)年度に財団法人大学基準協会による大学評価(認証評価)において、大学基準に適合しているとの認定を受けました。認定期間は2010(平成22)年4月1日から2017(平成29)年3月31日です。

本学は、大学の機能を教育・研究・地域貢献ととらえ、学生が求める大学、地域が求める大学、時代が求める大学として、自立心に富み、対話力と創造性に優れ、人類社会の発展に貢献する女性を育成することを目標としています。
また、この目標を表す標語として「自立心・対話力・創造性」を掲げています。


神戸女子大学に対する大学評価(認証評価)結果[PDF:232KB]
神戸女子大学自己点検・評価報告書 2009(平成21)年度 大学基準協会 認証評価結果
大学基礎データ[PDF:11.7MB]
改善報告書検討結果[PDF:82KB]
改善報告書(平成25年7月提出)[PDF:249KB]
完成報告書検討結果[PDF:96KB]
完成報告書〈健康福祉学部〉(平成25年7月提出)[PDF:187KB]
完成報告書「大学基礎データ」[PDF:447KB]
点検・評価報告書 2015[PDF:2.71MB]


大学基準協会へのリンク

高等教育の質の向上を目指して


▲ このページのトップへ