神戸女子大学

News・Events


低糖質のお菓子が誕生 管理栄養士養成課程の学生と洋菓子専門店ハイジ共同企画

2018.8.4 学園広報

専門が食品分析学である家政学部管理栄養士養成課程 木村 万里子准教授の研究室のゼミ生が神戸で長年愛されてきた洋菓子専門店のハイジと共同開発した低糖質の洋菓子「赤レンズ豆のブール・ド・ネージュ」が2018年8月1日・水曜日から発売されています。

ハイジから「美味しくて身体にやさしいお菓子をつくりたい」という依頼を受け、木村研究室が、2017年から取りくんできました。当時の4年生が日頃から研究対象にしている豆類のうち、食物繊維、鉄分に加えて、病気・老化予防に関わりの深い成分であるセレンが特に豊富な赤レンズ豆を使うことを提案し、共同開発が始まりました。

その後、当時3年生であった現4年生も参加し、試食を重ね、赤レンズ豆の特有のにおいや味を抑えた美味しい「赤レンズ豆のブール・ド・ネージュ」が完成しました。

パラチノースを使用し、1袋あたり89Kcalとすることで、カロリーや血糖値が気になる人でも気軽に食べられるスイーツとなりました。学生たちは、幅広い世代の人や友人にプレゼントしたくなるようなかわいらしいお菓子にと、赤と白の2種類(プレーン、ストロベリー)にすることも提案。パッケージにもこだわっています。

「赤レンズ豆のブール・ド・ネージュ」を広く知っていただくために試食会を2018年8月4日・土曜日オープンキャンパスに合わせて開催し、多くの高校生の皆さんやそのご家族に来ていただきました。「ほろほろ、さくさくした食感でとてもおいしい」との感想をいただきました。

木村研究室のゼミ生の感想

この共同企画に参加したことにより、赤レンズ豆についての知識が深まり、食品開発のプロセスを理解し、材料の原価計算、食品表示法の知識も必要であることなども学ぶことができ、視野が広くなりました。

商品概要

商品名

「赤レンズ豆のブール・ド・ネージュ」

内容量

:6個(プレーン3個、ストロベリー3個)

価格

380円(税込)

店頭発売開始

2018年8月1日・水曜日

販売チャネル

ハイジ苦楽園店、JR神戸駅店、その他各催時

  • 集合写真「赤レンズ豆のブール・ド・ネージュ」を共同開発した学生たちと木村 万里子准教授(前列中央)
  • 赤レンズ豆のブール・ド・ネージュ「赤レンズ豆のブール・ド・ネージュ」
    砂糖の15%をパラチノースに置き換えている
試食会当日の様子
  • 試食会当日の様子1「赤レンズ豆のブール・ド・ネージュ」試食会の配付・説明係りの学生と木村 万里子准教授
  • 試食会当日の様子2赤レンズ豆と赤レンズ豆のブール・ド・ネージュ
  • 試食会当日の様子31個(11g)にこれだけの赤レンズ豆(平均24粒)が入っています
  • 試食会当日の様子4試食用のサンプルを手渡す学生
  • 試食会当日の様子5試食していただいている間に説明をしました
  • 試食会当日の様子6ずらりと並んだ試食用の赤レンズ豆のブール・ド・ネージュ

Campus/キャンパス

須磨キャンパス

〒654-8585 神戸市須磨区東須磨青山2-1
TEL:078-731-4416

ポートアイランドキャンパス

〒650-0046 神戸市中央区港島中町4-7-2
TEL:078-303-4811

三宮キャンパス

〒650-0004 神戸市中央区中山手通2-23-1
TEL:078-231-1001