神戸女子大学

News・Events


立体マスクの作り方

2020.04.15 家政学科

立体マスク完成写真

用意するもの
  • 伸縮性のある、ほつれにくい布
  • 糸(ポリエステルなど ♯60)

(1)型紙作り

型紙をダウンロードし、印刷(A4サイズ、縦向き)する。
※ プリンターにより寸法が異なる場合があります。実寸になるよう調整し、利用してください。

(2)裁断

① 地の目線 ※注1(矢印)と布地の縦(耳 ※注2)を平行におき、待ち針で止める。

② 型紙通り、1枚ずつ裁断する。

(3)しるしつけ

  • 布端から0.5cmのところにしるしをつける。

(4)縫製

  • 中表 ※注3に合わせ、しるし通り待ち針でとめる。
  1. 手縫いの場合
    細かく半返し縫い ※注4をする。
  2. ミシン縫いの場合
    しるし通り縫う。(始めと終わりは、返し縫い ※注5をする。)

(5)完成

  • 立体マスク1
  • 立体マスク3
  • 立体マスク2
※注釈
  1. 地の目線
     型紙に表示されている矢印

  2.  織物の織幅の両端
  3. 中表
     2枚の布の表と表が内側になるように合わせること
  4. 半返し縫い
     縫い目を丈夫にするために、一針(0.3cm)の半分の幅を戻しながら縫う
  5. 返し縫い
     縫い始めと縫い終わりが、ほつれないように返し縫いレバーを使用し、2~3針を重ねて縫う

参考文献:
 新・田中千代服飾事典(同文書院)
 新・手縫いの基礎(日本ヴォーグ社)
 洋裁研究 基礎編(行吉学園)

Campus/キャンパス

須磨キャンパス

〒654-8585 神戸市須磨区東須磨青山2-1
TEL:078-731-4416

ポートアイランドキャンパス

〒650-0046 神戸市中央区港島中町4-7-2
TEL:078-303-4811

三宮キャンパス

〒650-0004 神戸市中央区中山手通2-23-1
TEL:078-231-1001