ブックタイトル神戸女子大学家政学部紀要 第50巻

ページ
23/92

このページは 神戸女子大学家政学部紀要 第50巻 の電子ブックに掲載されている23ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

神戸女子大学家政学部紀要 第50巻

-19 -髙橋 和廣ここで、        はボルツマン定数、Tは温度である。また、Nは、系の粒子数を表す。このとき、自由エネルギーは、           (4a) (4b) と書ける。十分高温では、τ≪1となることを考慮し、       を τで展開すると、   (5) となる。ここで、    は p次のモーメント、μpは p次のキュムラントである。 2.2 モーメント偽スピン変数 σmを導入し cos n を複素数表示すると、p次のモーメントは、(6) と書ける。ただし、σm=±1である。ynをフーリエ変換し、(7) を用いると式(6)の非摂動項に関する平均を計算できる。さらに、qについての和を積分で評価すると、(8a) (8b) となる。ただし、偽スピン変数には、次の条件が付く。(8c)