ブックタイトル神戸女子大学家政学部紀要 第50巻

ページ
70/92

このページは 神戸女子大学家政学部紀要 第50巻 の電子ブックに掲載されている70ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

神戸女子大学家政学部紀要 第50巻

- 66 -乳酸菌といわれていることから、胞子を形成することによって玄徳茶の製造工程である天日乾燥の条件下で生き延び、ヨーグルトの生成に関与したと考えられる。【まとめ】小豆、手亡オリゴ糖により、ビフィズス菌や乳酸菌の増殖促進がみられたことから、雑豆に含まれるオリゴ糖はプレバイオティクスとなる可能性が示された。また、玄徳茶より分離同定されたB. coagulansは、胞子を形成することで酸に耐性をもつことや、乳酸を生成することから、ヒトや動物の腸内で有益に作用できる可能性が考えられた。