HOME地域連携・生涯学習地域連携・生涯学習のNews2009年度 > News詳細

地域連携・生涯学習

地域連携・生涯学習のNews詳細

2009年7月18日
学園広報 橘

「生田川水辺まつり」に学生達がエコ工作で参加

7月18日・土曜日、神戸市中央区の新神戸駅南側の生田川ふれあい広場で開催された中央区恒例の生田川水辺まつりに、神戸女子短期大学総合生活学科の学生達はエコ工作作りで、神戸女子大学健康福祉学部健康スポーツ栄養学科の学生は会場内の巡回係りとしてボランティア参加しました。

この催しは婦人会・子ども会・近隣小中学校のPTA・登山会で構成される布引・市ヶ原を美しくする会が、中央区のまちづくり推進課と協力して主催しています。

2009年は前日の天候が悪く、ふれあい広場の川底などを清掃できなかったため、子ども達が楽しみにしていた川に入っての水遊びは中止となりました。

総合生活学科生によるエコ工作作り「親子で楽しもう!身近なものでエコ工作!」のイベントは12時過ぎに始まりました。
事前に学生達が準備した牛乳パックやトレーを重ねあわせて作った舟形に、色とりどりのペンや旗で思い思いの装飾を施します。
会場は「夏休みの工作が1つできた!」と喜ぶ子どもや、ワイワイガヤガヤ話し合いながら作品作りを楽しむ親子連れや子ども達でにぎやかでした。
2008年は作り終わった舟を、会場下にある水辺で浮べて遊ぶことができましたが、2009年は立ち入り禁止のため浮べられず残念そうでした。
「今日は川に浮べて遊ぶことはできなかったけど、今夜お風呂で浮べて楽しんでね!」という学生の声に子ども達は笑顔で頷いていました。

健康スポーツ栄養学科の学生達は会場内を巡回しながらも、工作会場では設営の手伝いや安全のための見守りを行いました。

夏の照りつけるような太陽の下、学生と子ども達の笑顔がまぶしく輝いた楽しいひと時となりました。

当日のアルバムを見る
総合生活学科:「生田川水辺まつり」に学生達がボランティア参加


 

▲2009年度トップへ ▲ このページのトップへ