HOME地域連携・生涯学習地域連携・生涯学習のNews2014年度 > News詳細

地域連携・生涯学習

地域連携・生涯学習のNews詳細

2014年4月5日
地域連携推進委員会 宮内

中央区役所主催「さくらまつり」に学生がボランティアとして参加

さくらまつりの様子着ぐるみを着て子ども達と触れ合いました さくらまつりの様子元気いっぱいのきっずそーらん さくらまつりの様子吹奏楽の演奏も大いに盛り上がりました

花冷え晴天の下、さくらの名所、生田川公園にて、満開の美しい風景をバックに、恒例の神戸市中央区主催「さくらまつり」が2014年4月5日・土曜日、開催されました。

ボランティアの参加者は、着ぐるみ3名、警備等3名、本部及び設営補助5名の合計11名でした。

着ぐるみ担当の男性職員による、かもめん着用時の注意、子どもたちからの視線、対応の仕方等ご自身の体験談での説明は不安を払拭するもので、人気者かもめんと共に歩いて誘導して下さいました。

10時に開会し、会長・区長挨拶の後、中央小学校「天使の歌声合唱団」による春らしい曲から始まり、チア・ダンス、きっずそーらん、筒井台・布引・葺合中学校による吹奏楽の演奏、地域の方々による布引音頭、葺合警察署による交通安全クイズ、おいしい模擬店、ゲームコーナー等、幼児から大人までが楽しめる盛りだくさんのイベントでした。

特に葺合警察署の方のお話は高齢者を巻き込む詐欺手口の説明、信号機のクイズでは、子ども達や大人にインパクトを与えるものでした。また、吹奏楽の演奏が素晴らしく、中学生らしい、まだあどけなさの残る中、音楽に直向な姿、チームワーク、個性的選曲、パフォーマンスも加わり、アンコール曲でより盛り上がり、この日のプログラムが締めくくられました。


▲2014年度トップへ ▲ このページのトップへ