HOME地域連携・生涯学習地域連携・生涯学習のNews2014年度 > News詳細

地域連携・生涯学習

地域連携・生涯学習のNews詳細

2015年2月7日
学園広報

ポーアイ4大学連携講座「第5回慢性腎臓病市民公開講座」開催報告

第5回慢性腎臓病市民公開講座の様子今本美幸准教授の講演 第5回慢性腎臓病市民公開講座の様子小野純夫氏の講演 第5回慢性腎臓病市民公開講座の様子井岡弘樹氏の講演 第5回慢性腎臓病市民公開講座の様子笠原正登博士の講演 第5回慢性腎臓病市民公開講座の様子講演の先生方やスタッフの学生で記念撮影 第5回慢性腎臓病市民公開講座の様子4名の講師で参加者からの質問に回答 第5回慢性腎臓病市民公開講座の様子サンプルプレゼントの配布担当する学生 第5回慢性腎臓病市民公開講座の様子受付をする学生

2015年2月7日・土曜日、13時から神戸ポートアイランドにある臨床研究情報センターにおいて慢性腎臓病(CKD)の最新治療法と食事療法の基本についての講演会「第5回慢性腎臓病市民公開講座 腎臓病に負けない生き方」を開催しました。

腎臓病の治療を続けられている方、健康に関心がある方など、116名の方が参加され、講師4名による講演に熱心に耳を傾けられました。

神戸女子短期大学からは、食物栄養学科の今本 美幸准教授と同学科の学生で構成されたクラブV-net()の11名のメンバーが受付、会場案内、資料や試食品の配布をボランティアで受け持ちました。

講演会のプログラムは以下のとおりです。

日時
2015年2月7日・土曜日、13時〜16時
講演1
「腎臓病食を続けるために」
講師 神戸女子短期大学食物栄養学科准教授 管理栄養士 今本 美幸准教授
講演2
「在宅透析で透析ライフを楽しむ」
講師 患者協力、小野 純夫氏
講演3
応援メッセージ「己に勝つ」
講師 西日本ボクシング協会会長
初代WBC世界ミニマム級世界チャンピオン
元WBA世界ライトフライ級チャンピオン
井岡 弘樹氏
講演4
「腎臓病に立ち向かう勇気」
座長 武庫川女子大学薬学部教授 森山 賢治先生
講師 京都大学医学部付属病院臨床研究総合センター EBM推進部特定准教授
先端医療センター腎臓・血液浄化領域チームディレクター 医学博士
笠原 正登先生

講演1は神女短大の今本 美幸准教授の講演でした。慢性腎臓病の進行を遅らせるポイントとして、塩分やたんぱく質の摂りすぎ、また虚弱や肥満に注意しながら必要なエネルギーを摂ることなど、腎疾患の状態に応じた食事療法の基本を具体的なメニューを示して、減塩食を無理なく続けられる方法について説明しました。

講演2は、本講演会講師の京都大学笠原 正登博士の患者で在宅透析の治療を続けておられる小野 純夫氏の講演でした。通院の透析治療と在宅での透析治療を比較して、それぞれの治療方法の特徴からご自身は在宅での透析治療を行う方法を選ばれたこと、社会生活を普通に送りながら効果もあり医療費の削減にも貢献できるという体験に基づいたお話をしていただきました。

講演3は、西日本ボクシング協会会長の井岡 弘樹氏の講演でした。井岡氏は、ボクシングの世界チャンピオンとして有名ですが、王者になるための日々のトレーニングと苦難に打ち勝つための精神力の大切さ、見守ってくださった周囲の方々への想いなど、他では聞くことのできない感動的なお話を聞かせていただきました。

講演4は、笠原 正登博士の講演でした。腎臓病の治療の権威である笠原博士は、腎臓病の病態について、写真やデータなど多様なスライドを使用して説明をされ、一度悪くなった腎臓がもとの腎臓に戻ることは出来ないが、食事や生活習慣を改善することで悪化を最小限に食い止めることができると話されました。病状が進み透析を受けることになった場合も、通院治療に限らず自宅でも透析ができ、患者自身も社会生活を送るうえで効果があることを説明されました。個人が健康管理を行うことによって生まれる効果は、社会全体にとって大きな利益をもたらし、立派な社会貢献につながると述べられました。

最後に4名の講師が揃って登壇し、参加の皆さんから講演者ごとに寄せられた質問に丁寧に答えました。

腎臓病の治療には、強い精神力と根気が必要ですが、参加された皆さんは、具体的な食事療法や在宅で透析ができることがわかり、井岡氏の「己に勝つ」応援メッセージを受け取り、腎臓病へ立ち向かう勇気をもらって会場を後にされました。

講演の合間には、今本准教授、三浦 由美子管理栄養士、内田 雅子管理栄養士による栄養相談コーナーに、多くの腎臓病患者の食事に悩んでおられる方々が来られました。会場には、治療食の試食・展示コーナーがあり、講演前や休憩時間に、治療食の試食や治療食品のサンプル提供や説明が行われました。

ボランティアをした学生からは「栄養士を目指して勉強しているが、今日の講演を聴いてもっと一生懸命勉強しなければと思いました」、「病気の治療には、栄養士の果たす役割が大きいとわかり、腎臓病に苦しむ患者さんの栄養管理もできるようになりたい」という感想が聞かれました。

試食品、サンプル協力企業

ひまわりメニューサービス株式会社・唐木栄研株式会社・キッセイ薬品工業株式会社

第5回慢性腎臓病市民公開講座 講演会での試食品・展示品

第5回慢性腎臓病市民公開講座 講演会での試食品・展示品

第4回慢性腎臓病市民公開講座 講演会での試食品・展示品

展示された腎臓病患者のための治療食と当日の試食品(春雨とひじきの酢の物と小松菜のおひたし)

当日のアルバム

)V-netとは、阪神・淡路大震災をきっかけに発足した栄養士・管理栄養士養成施設で構成されたネットワーク。神女短大では「V-net」という学内のクラブとしても活動しています。

関連リンク

第5回慢性腎臓病市民公開講座「腎臓病に負けない生き方」 調理実習を開催
V-net


▲2014年度トップへ ▲ このページのトップへ