HOME学部学科・大学院・専攻科史学科史学科のNews2013年度 > News詳細

学部学科・大学院・専攻科

史学科のNews詳細

2013年11月3日
史学科 寺沢


博物館実習生展示を開催しました

大学祭期間の2013年11月2日・土曜日と3日・日曜日の2日間、須磨キャンパスD館博物館実習室において、史学科博物館実習生による展示実習を実施しました。実習生の手作りの拓墨で採拓した拓本を中心とした展示です。2013年のテーマは「神戸・始まりの軌跡」そのコンセプトは、「過去を振り返り、神戸の軌跡を知ろう」です。

文明が開化したのは約150年前の明治・・・。港町である神戸は外国の影響を受け、多くの「はじまりの地」となりました。江戸の名残を残しつつ、近代化していく神戸の姿を、今に残る石碑でたどってみました。

特別展示コーナーでは「神戸発見伝」というテーマで、各区をイメージキャラクター化して紹介し、クイズ挑戦も企画、そのほか、工夫を凝らした史学科紹介コーナーも設け好評でした。恒例の拓本体験コーナーも2013年も盛況でした。

2日間で、375人という大勢の来場者が熱心に見学され、「神戸という身近な場所に、今までしらなかった『はじまり』の場所があることを知ることができた」「拓本展示のていねいさに加え、他の企画の工夫も愉快で多様に楽しめた」という声が聴けました。

2013年度の来場者は、例年以上にじっくりと解説も読んでくださり、実習生は達成感でいっぱいでした。


▲2013年度トップへ ▲ このページのトップへ