HOME学部学科・大学院・専攻科社会福祉学科社会福祉学科のNews2012年度 > News詳細

学部学科・大学院・専攻科

社会福祉学科のNews詳細

2012年6月2日
社会福祉学科 津田

ハートフルフェスタ2012開催

2012年6月2日・土曜日、メリケンパークにて、神戸女子大学から学生ボランティア56名が参加し、神戸市中央区社会福祉協議会主催のハートフルフェスタ2012が開催されました。2012年度は、晴天にも恵まれ盛大に開催されました。
ハートフルフェスタは、地域住民に福祉や人にやさしい街づくりに関心を持ってもらうためのイベントで、ボランティアに参加した学生は、地域住民との交流の中で楽しく福祉を身近に感じながら、ボランティア活動に取り組みました。

神戸女子大学からは、「子どもからお年寄りまで世代をこえて〜活用しよう福祉制度〜」というテーマで、テントブースを出展しました。
テントブースでは、社会福祉士会の社会福祉士2名による福祉相談コーナーを設け、健康福祉啓発パネルを展示しました。ボランティア学生は、車椅子体験や伝承遊びコーナーを担当し、ヨーヨー作り・うちわ作り・輪投げ・ぬり絵・昔の遊びなど地域住民に体験してもらう中で積極的に交流を図りながらボランティア活動を行いました。

全体の運営支援にあたったボランティア学生は、地震体験車「ゆれるん」、ヴィッセル神戸のサッカーゲーム、高齢者体験、ブラインドウオーク体験、ステージ支援など、さまざまな運営支援にあたりました。また、2012年度は東日本大震災被災地からの作業所製品販売コーナーも設けられていました。障がい者支援施設から出展していたテントブースには卒業生が職員として参加していました。

ハートフルフェスタ2012は文部科学省戦略的大学連携推進事業「ポーアイ4大学による連携事業」です


学生の感想

  • とてもたくさんの人と関わることができ、楽しく過ごすことができました。
  • 時間がたつのがとても早く感じ、充実した1日になりました。
  • ボランティアをしている中で、体験した人が喜んでくれたり、感謝の言葉をかけてくれたことがすごく嬉しかったです。
  • 小さな子どもからお年寄りまで、多くの方が次々来てくださり楽しかったです。
  • たくさんのテントブースが出展されており、皆さん気さくで話しやすく、他のテントブースでも楽しくいろんな体験ができました。

ハートフルフェスタ2012の様子





▲2012年度トップへ ▲ このページのトップへ