概要

現在のページ:ホーム > 概要 > センター長挨拶

センター長挨拶

神戸女子大学古典研究センター長
川森 博司

神戸女子大学古典芸能研究センターは、2001年の設立以来、①能・狂言、②浄瑠璃・歌舞伎、③民俗芸能の3分野を柱にして、日本の古典芸能を幅広い視野から研究・分析し、その成果を書物、データベース、講座、シンポジウムなどの形で社会に還元していく活動を展開してきました。本学の位置する神戸は、近隣の西宮、播州、淡路などを含めて、古典芸能の発祥に関わる地域であり、また、海外文化の入り口としての神戸は、日本の伝統文化をグローバルな視野から検討し、海外に発信していくうえで有利な位置を占めているといえます。

能楽、文楽、歌舞伎は、ユネスコの無形文化遺産に登録され、海外からも日本文化の象徴とみなされるようになっています。そのような時代であるだけに、これら古典芸能の諸分野を内外双方の視点からとらえていく必要があります。能における死者の視点からの語り、狂言におけるユーモア、浄瑠璃に見られる細やかな人情、歌舞伎の華麗さ、民俗芸能における静と動の対比、これらは日本の伝統文化の表現であるとともに、国境を越えて通じる普遍的な要素を含んでいます。古典芸能の研究を進めることにより、日本人の自己認識を深めるとともに、諸民族・諸文化が生き生きと共生する道をひらいていかねばなりません。

当センターが目ざすのは、そのような平和共存に向けた研究のための拠点づくりです。本学教員に加え、学外から各分野の第一線の研究者に客員研究員として協力をあおいで、女子大学にふさわしい「たおやかな力」を表現できるセンターに育てていきたいと思っています。引き続き、皆様のご理解・ご支援をよろしくお願い申し上げます。

ページのトップに戻る

学校法人行吉学園

(C) 2008 YUKIYOSHI INSTITUTE. All Right Reserved.