(イメージ画像)

古典芸能研究センターは、行吉学園発祥の地である三宮キャンパス(神戸市中央区)にあります。
能楽資料の橘文庫、民俗芸能資料の喜多文庫をはじめ、古典芸能や民俗芸能に関する書籍・資料を幅広く備えた研究施設です。芸能に関連する様々な分野の資料を収集しており、個別の分野はもちろん、より総合的な調査・研究の拠点となっています。
なお、所蔵する資料は、学生・社会人を問わずどなたにもご利用いただけます。

最新情報

最終更新日:2019年2月1日

2月の資料

古典芸能研究センター所蔵の様々な資料の中から、毎月1点紹介します。

「空華庵恵南子遺墨」(巻頭)
資料画像

伊藤正義文庫蔵
『空華庵恵南子遺墨』
文政七年(編) 2巻(函入)

  江戸中期の香道家で歌人であった空華庵忍鎧(恵南)(1670~1752)が泉亮嘉教に宛てた書簡(寛延二年正月~)を、子孫の森脇満嘉が軸装したもの。
  忍鎧は、米川常白の流れを汲む香道家として多くの著述があるほか、全一〇一番に及ぶ謡曲注釈書『謡曲拾葉抄』(明和九年刊)を原著者犬井貞恕の後を引き継いで増補完成させた人物としても知られている。

当サイトのデータについて

神戸女子大学古典芸能研究センターが公開しているすべてのホームページおよびそこに含まれる画像データ・テキストデータ等は、神戸女子大学が著作権を有しており、その扱いは日本の著作権法に従うものとします。これらのデータを、法律で認められた範囲をこえて、著作権所有者に無断で複製・転載・転用することは禁止します。

ページのトップに戻る

学校法人行吉学園

(C) 2008 YUKIYOSHI INSTITUTE. All Right Reserved.