催し案内

現在のページ:ホーム > 催し案内 > 展示案内 > 『伝説・物語の神戸を歩く』 刊行記念展示「資料でたどる 古典芸能の舞台 神戸」

『伝説・物語の神戸を歩く』 刊行記念展示
「資料でたどる 古典芸能の舞台 神戸」


2022年6月22日(水)~2022年9月2日(金)
土・日・祝日、8月12日(金)~19日(金)休室
開室時間::午前10:00~午後17:00

新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、ご協力をお願いします


・風邪のような症状がある方、発熱のある方、感染の疑いがある人が身近におられる方は入室できません。
・入室の際はマスクの着用と手指のアルコール消毒をお願いします。マスクのない方は入室できません。
・入室中の会話は最小限にして下さい。
・混雑を避けるため入室を制限させていただく場合があります。
・今後の状況により、やむを得ず中止とする場合がございます。最新情報はホームページでお知らせいたしますが、念のため事前にお問い合わせください。

目録

 ←チラシ(クリックすると別画面で拡大します)

 古典芸能研究センターは、このたび、開設20周年の記念出版物『伝説・物語の神戸を歩く』を刊行しました。今回の展示は、この本の構想をもとに昨年秋に須磨離宮公園で開催した「資料でたどる古典芸能の舞台 神戸」の内容を、構成をかえて再展示します。そして、新たに、本で紹介した本学所蔵『須磨明石名所絵巻 縮写』の原本を初公開します。
 神戸の地は、万葉のいにしえの時代から、多くの文学作品や古典芸能に登場しています。展示では、古典芸能にゆかりのある神戸の名所旧跡をとりあげ、江戸時代の名所図会類の記事や現在の様子などを、芸能作品とともにパネルと資料でわかりやすく紹介します。

ページのトップに戻る

学校法人行吉学園

(C) 2008 YUKIYOSHI INSTITUTE. All Right Reserved.