神戸女子大学

 

Campus Life


奨学金制度

修学の熱意があるにもかかわらず、さまざまな経済的理由により学業継続が困難となっている学生の皆さんが、経済面での不安を少しでも解消し、安心して学修に励むことができるよう、本学では様々な制度により支援を行っています。 募集等については、随時学内掲示板及びKissシステムでお知らせしますので、スケジュール表で申込方法や募集期間を確認し、出願の機会を逃さないようにしてください。 なお、家計が急変した場合には、緊急・応急での採用枠もありますので、各キャンパスの学生課に相談してください。

※採用枠や審査により不採用になることがありますので、ご了承ください。
※各奨学金の申請・申込期限に間に合うよう、できるだけ早くお問合せください。

奨学金に関する問い合わせ先

学生課

窓口取扱時間(平日)9時~17時30分

  • 須磨キャンパス

    TEL:078-737-2362
    <掲示板の設置場所>M館 学生課奨学金窓口横

  • ポートアイランドキャンパス

    TEL:078-303-4706
    <掲示板の設置場所> 学生課前、A館1F事務室前

学園内奨学金
【神戸女子大学優秀者応援奨学金】
分類 種別 金額 対象 出願資格 申請時期
優秀者表彰型 給付 10万円 2年生~4年生 全学生の範となる学業優秀かつ品行方正な者(大学より推薦) 6月
奨学生応援型 30万円
50万円※
全学年 日本学生支援機構等の貸与奨学金を受給する者のうち、学業及び学生活動で優秀な成果を上げるとともに、人物として優れ、かつ経済的支援を要する者で、以下の要件を満たす者。
【要件】
  • (学業)所属学科における申請前年度の成績が上位10%以内
  • (学生活動)学術、芸術、スポーツ等の分野において優秀な成果を上げた者
(注)日本学生支援機構等の給付奨学金を受給する者は対象外
6月~7月

※特に優秀な者に該当する場合

★詳細及び申請期間等についてはKissシステムで周知します。

【神戸女子大学経済支援奨学金】
分類 種別 金額 対象 出願資格 申請時期
家計急変型 給付 採用年度の授業料
及び
教育・施設充実費の半額※
全学年 在学中に生じた主たる生計維持者の家計急変(失業、死亡等)により学業継続が困難になった者のうち以下の要件すべてを満たす者。
【要件】
  • (家計所得等)日本学生支援機構貸与奨学金(第二種)の基準の範囲内
  • (奨学金)日本学生支援機構給付奨学金(家計急変採用含む)、貸与奨学金を受給している者、または申請予定者であること。
  • (学業)標準修業年限で卒業見込みの者
前期
後期
災害支援型 在学中に生計維持者又は学生本人が災害等の被災者となり、地方公共団体の発行する罹災証明書等により、半壊以上等の被害が認定されている者、または、それに準ずることが確認できる者で、かつ標準修業年限で卒業見込みの者。

※高等教育の就学支援制度の適用をうけた場合は給付が決定した当該学期の授業料及び教育・施設充実費のうち、授業料等減免額を除く金額を給付する。

★詳細及び申請期間等についてはKissシステムで周知します。

ページトップ

神戸女子大学教育後援会育英奨学生奨学金(保証人の会)

在学中に学資の支弁が困難になり、修学継続が著しく困難な学生に対する奨学金制度で、教育後援会の会員子女が給付の対象者となります。詳細については、教育後援会事務局に問い合わせてください。
ただし、新入生及び編入生は初年度前期の申込はできません。

申込時期 前期:4月 後期:9月
給付額 20万円 20万円

ページトップ

青山会奨学金(同窓会)

在学中、家計の急変により修学継続が著しく困難になった4年生の学生を対象として、後期の授業料等を給付する制度です。ただし、神戸女子大学経済支援奨学金との併用はできません。

対象者 在学中、家計の急変により修学継続が著しく困難になった4年生
申込時期 7月1日~7月31日
給付額 4年生後期の授業料、教育・施設充実費相当額を給付

ページトップ

学外奨学金(日本学生支援機構)

返還の必要のない給付奨学金と、卒業後の返還が必要な貸与奨学金があります。給付奨学金には3つの区分、貸与奨学金には、無利子の「第一種奨学金」と有利子の「第二種奨学金」があり、いずれも所定の学力水準および家計基準を満たす必要があります。 申込方法については、高等学校等在学時に申し込む「予約採用」と大学等入学後に申し込む「在学採用」があり、それぞれ申込期間があります。ただし、やむを得ない事情で家計が急変し緊急に奨学金の必要が生じた場合には、年間を通して出願可能です。

【日本学生支援機構(予約採用)】

進学前に在学中の高等学校等で、事前に申し込むことができます。
※詳細は日本学生支援機構で確認してください。

【日本学生支援機構(在学採用)】

日本学生支援機構奨学金の在学採用(新規募集)は、募集時期が限られています。出願の機会を失わないようにしてください。

  給付奨学金 第一種奨学金(貸与型) 第二種奨学金(貸与型)
申込資格
  • 1.(第一種)大学などに在学する学生で、人物・学業ともに特に優れ、経済的理由により著しく修学困難な者であること。
  • 2.(第二種)人物・学業ともに優れ、経済的理由により修学困難な者であること。
    ※併用(第一種、第二種の両方を貸与)することも可能ですが、人物・学業ともに特に優れ、第一種奨学金の貸与を受けることによっても、なお、その修学を維持することが困難であると認められる者であること。
  • 3.(給付)大学等に在学する学生で、意欲と能力があるにもかかわらず、経済的理由によりきわめて修学困難な者であること。
    ※給付奨学金と併せて第一種奨学金の貸与を受ける場合は、給付奨学金の支援区分等に応じて、第一種奨学金の貸与月額は調整されます。
月額 【自宅通学】12,800~38,300円
【自宅外通学】25,300~75,800円
※支援区分により異なる
【自宅通学】 2万、3万、4万、**5万4千 (大学)
【自宅外通学】 2万、3万、4万、5万、**6万4千(大学)
**併用貸与の家計基準に該当する場合のみ
2万~12万(1万円単位)から選択
入学時特別増額貸与 10万、20万、30万、40万、50万円から選択
  • ① 奨学金申込み時の家計基準における認定所得※1が機構の定める認定所得以下になる者。 (※1:募集要項にて確認してください。)
  • ② ①以外で「日本政策金融公庫の教育ローンが利用できなかったことについて(申告)」を提出した者。(証明書添付必要)
貸与条件   無利子
※入学時特別増額貸与は有利子
有利子(上限3%として変動)
利率を選択
  • ①利率固定型
  • ②利率見直し型
採用基準
(学力)
1年生
  • ・高校の評定平均値が3.5以上の者
  • ・高等学校卒業認定試験の合格者
  • ・将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書等により確認できる者
1年生
  • ・高校の評定平均値が3.5以上の者 ※上記の基準を満たさない場合については、募集要項で確認してください。
  • ・高等学校卒業程度認定試験合格者であること。
  • ・出身学校又は在籍する学校における成績が平均水準以上と認められること。
  • ・特定の分野で特に優れた資質能力を有すると認められること。
  • ・学修に意欲があり学業を確実に修了できる見込みがあると認められること。
  • ・高等学校卒業程度認定試験合格者で、上記のいずれかに準ずると認められること。
2年生以上
  • ・本人の属する学部等におけるGPAが上位1/2以内の者
  • ・修得した単位数の合計数が標準単位数以上であり、かつ、将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書等により確認できる者
2年生以上
・本人の属する学部(科)の成績が 上位1/3以内の者
※上記の基準を満たさない場合については、募集要項で確認してください。
採用基準
(家計)
生計維持者全員の収入が日本学生支援機構の定める収入基準内であること。
注意:第一種、第二種、給付型でそれぞれ収入基準が異なります。 家計に係る基準の審査はマイナンバーを用いて行われ、募集時期によって、いつの情報を審査に用いるかが変わります。
  • ・2022年度 春募集:2020年(1月1日~12月31日)の収入に基づく2021年度住民税情報
  • ・2022年度 秋募集:2021年(1月1日~12月31日)の収入に基づく2022年度住民税情報
  • ・2023年度 春募集:2021年(1月1日~12月31日)の収入に基づく2022年度住民税情報
  • ・2023年度 秋募集:2022年(1月1日~12月31日)の収入に基づく2023年度住民税情報
進学資金シミュレーター
進学を考えている高校生、在学中の方や保護者の皆様に向けた、進学資金や奨学金に関するシミュレーターです。「進学したらどれくらいお金が必要になるのか」「どの奨学金の対象になるのか」「給付や貸与の額はどの程度になるのか」等を簡単に調べることができます。
※シミュレーションを行いたい方はこちら
【日本学生支援機構(家計急変採用)】

生計維持者※が死亡、失職等により収入が大きく減少した場合や震災・火災・風水害等に被災したことにより家計急変が生じ、緊急に奨学金が必要となった場合に申込みができます。まずは学生課にお問い合わせください。
※父母がいる場合は原則父母(2名)、父又は母のみ(ひとり親)の場合は、原則その人が「生計維持者」となります。

  家計急変採用(給付奨学金)
申込資格 家計が急変したもので次の事由AからDのいずれかに該当し、その事由が発生した時から3か月以内である者。
  • 事由A:生計維持者の一方(又は両方)が死亡した場合
  • 事由B:生計維持者の一方(又は両方)が事故又は病気により、半年以上、就労が困難な場合
  • 事由C:生計維持者の一方(又は両方)が失職(非自発的失業の場合に限る)した場合
  • 事由D:生計維持者が震災、火災、風水害等に被災した場合であって次の(1)(2)のいずれかに該当 (1)上記A~Cのいずれかに該当 (2)被災により、生計維持者の一方(又は両方)が生死不明、行方不明、就労困難など世帯収入を大きく減少させる事由が発生
  • 事由E:家庭内暴力から避難等に該当する場合
採用時期 年間を通じて随時 ※原則として、家計急変事由の発生時から3か月以内に申込
支援期間 家計急変の生じた日から4か月目以降。 3か月ごと(15か月目以降は1年ごと)に家計基準による適格認定を実施し、支援内容(月額)を見直します。
【日本学生支援機構(緊急・応急採用)】
  緊急採用(第一種:無利子貸与) 応急採用
(第二種:有利子貸与)
対象
  • ・生計維持者の失職、破産、事故、病気、死亡、災害等又は学校の廃止によりやむを得ず他の学校に入学することで修学に要する費用が増加したことにより家計が急変し、緊急に奨学金が必要となったと認められること。
  • ・家計急変の事由が生じてから12か月以内であること。
採用時期 年間を通じて随時 ※家計急変事由の発生時から12か月以内に申込
貸与期間 家計急変の生じた月以降で希望する月(入学年月が限度)から採用された年度末(3月)まで。ただし緊急採用奨学金継続願を提出し、認められれば修業年限の終期まで延長可能(1年ごとに願い出が必要)。 家計急変の生じた月以降で希望する月(入学年月が限度)から、標準修業年限が終了するまで。

ページトップ

学外奨学金(各種団体・自治体等)

本学に募集のあるその他の奨学金については掲示およびKISS配信等により随時案内しますので各自で確認してください。その他、本学に募集が届かない奨学金も多くありますので、各自でホームページなどを検索してください。
応募資格に多くの条件があることや採用人数が少ない場合があります。
また、資格取得および就業を条件とした各種修学支援制度や奨学金返還支援制度についても案内しています。

※日本学生支援機構との併用が認められないものもありますので、内容を確認してください。

ページトップ

大学院
学内奨学金
【神戸女子大学大学院授業料等免除制度】
対象 種別 金額 区分 出願資格 申請時期
修士課程
博士前期課程
免除 授業料年額の1/2 A1 人物並びに学業成績が優秀で勉学意欲のある者 4月
授業料、教育・施設充実費
合計年額の1/2
A2 経済的に困窮している者で経済的支援により、能力がより発揮されると期待できる者で、以下の要件を満たす者 【要件】主たる家計支持者の収入金額が以下に該当すること。 (給与所得者)841万円以下 (給与所得者以外)355万円以下
博士後期課程 授業料年額の全額 B1 人物並びに学業成績が優秀で勉学意欲があり、博士学位の取得が期待される者
授業料、教育・施設充実費
合計年額の全額
B2 経済的に困窮している者で経済的支援により、能力がより発揮されると期待できる者 【要件】主たる家計支持者の収入金額が以下に該当すること。 (給与所得者)841万円以下 (給与所得者以外)355万円以下
学外奨学金(日本学生支援機構)

大学院生を対象とした奨学金は貸与型で無利子の「第一種奨学金」と有利子の「第二種奨学金」があり、いずれも所定の学力水準および家計基準を満たす必要があります。 申込方法については、学部在学時に申し込む「予約採用」と大学院への入学後に申し込む「在学採用」があり、それぞれ申込期間があります。ただし、やむを得ない事情で家計が急変し緊急に奨学金の必要が生じた場合には、年間を通して出願可能です。
日本学生支援機構Webサイト

  第一種奨学金 第二種奨学金
対象 国内の大学院生で高度の研究能力を有し、経済的理由により修業に困難があると認められる者。
月額 修士・博士前期課程 月額50,000円、88,000円から選択
博士後期課程 月額80,000円、122,000円から選択
修士・博士前期・博士後期課程とも
月額5万円、8万円、10万円、13万円、15万円から選択
入学時特別増額貸与 10万、20万、30万、40万、50万円から選択
  • ①  奨学金申込み時の家計基準における認定所得※1が機構の定める認定所得以下になる者。 (※1:募集要項にて確認してください。)
  • ②  ①以外で「日本政策金融公庫の教育ローンが利用できなかったことについて(申告)」を提出した者。(証明書添付必要)
貸与条件 無利子
※入学時特別増額貸与は有利子
有利子(上限3%として変動)
利率を選択
  • ①利率固定型
  • ②利率見直し型
返還免除制度 貸与期間中に特に優れた業績を挙げたと認め、大学が推薦し、日本学生支援機構が認定した者を対象に、その奨学金の全額または半額が返還免除されます。  
【日本学生支援機構(緊急・応急採用)】
  緊急採用(第一種:無利子貸与) 応急採用
(第二種:有利子貸与)
対象
  • ・生計維持者の失職、破産、事故、病気、死亡、災害等又は学校の廃止によりやむを得ず他の学校に入学することで修学に要する費用が増加したことにより家計が急変し、緊急に奨学金が必要となったと認められること。
  • ・家計急変の事由が生じてから12か月以内であること。
採用時期 年間を通じて随時 ※家計急変事由の発生時から12か月以内に申込
貸与期間 家計急変の生じた月以降で希望する月(入学年月が限度)から採用された年度末(3月)まで。ただし緊急採用奨学金継続願を提出し、認められれば修業年限の終期まで延長可能(1年ごとに願い出が必要)。 家計急変の生じた月以降で希望する月(入学年月が限度)から、標準修業年限が終了するまで。

※詳細は日本学生支援機構Webサイトで確認してください。

Campus/キャンパス

須磨キャンパス

〒654-8585 神戸市須磨区東須磨青山2-1
TEL:078-731-4416

ポートアイランドキャンパス

〒650-0046 神戸市中央区港島中町4-7-2
TEL:078-303-4811

三宮キャンパス

〒650-0004 神戸市中央区中山手通2-23-1
TEL:078-231-1001