神戸女子大学

Outline


卒業の認定に関する方針

神戸女子大学

建学の精神に基づき、各学部・学科及び課程の定める要件を備え、学則に定める修業年限以上在学し、所定の単位を修得した者に卒業を認定し、学位を授与する。

ページトップ

文学部

以下の能力を身に付け、4年間のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、卒業論文の審査に合格した者に学士の学位を授与する。


  1. それぞれの分野で期待される専門的知識および実際的技能を習得している。
  2. 専門的素養に基づきながら、人間、言語、歴史、文化、世界の多様で広範な問題について考える姿勢と能力を習得している。
日本語日本文学科

以下の能力を身に付け、4年間のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、卒業論文の審査に合格した者に学士の学位を授与する。


  1. 日本語・日本文学および日本文化に関する知識・教養を、幅広くかつ深く身に付けている。(日本語・日本文学の教養)
  2. 日本語・日本文学の研究によって、「読む・書く・話す・聞く」について高い能力を獲得するとともに、自分の考えを主張できる。(対話力)
  3. 日本語・日本文学の研究を通して、自ら問題を発見し、それを解決してまとめ、表現し伝える能力を習得している。(自立心・創造性・表現力)
英語英米文学科

以下の能力を身に付け、4年間のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、卒業論文の審査に合格した者に学士の学位を授与する。


  1. 英語運用能力と洗練された国際感覚を身に付けて主体的に思考し行動できる。(自立心)
  2. 英語の発想法、英語の言語理解を通じて、異なる価値観と異文化へのアプローチ方法を身に付けている。(対話力)
  3. 英語圏文化の独自性と特徴、英米固有の社会観や倫理観について理解し、それを社会や研究教育の場に応用する力を身に付けている。(創造性)
国際教養学科

以下の能力を身に付け、4年間のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、卒業論文の審査に合格した者に学士の学位を授与する。


  1. 体験から学び、自立的に問題を発見し、解決する能力の基本を備えている。
  2. 日本語、外国語の実用的対話力を備えている。
  3. 創造性の基礎として、幅広い国際教養の知識と発想を育んでいる。
史学科

以下の能力を身に付け、4年間のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、卒業論文の審査に合格した者に学士の学位を授与する。


  1. 幅広い歴史的視野と特定の時代・地域に関する専門的知識を身に付け、それをもとにして自ら考えることができる。(歴史的知識・思考力)
  2. 文献史料・考古資料・民俗資料などを読み解く力を身に付けている。(技術)
  3. 演習(ゼミ)形式の授業をとおして、主体的に学習し、他者と対話する態度を身に付けている。(自立心・対話力)
教育学科

以下の能力を身に付け、4年間のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、卒業論文の審査に合格した者に学士の学位を授与する。


  1. 教育学・保育学・心理学の専門分野を総合的に理解し幅広い教養を身に付け、成長や発達を科学的に理解し、多角的な視点から柔軟な発想と感性をもって人間をとらえる力が身に付いている。(教育学・心理学・保育学の知識)
  2. よりよい社会をつくるために社会の有り様から教育を見直す洞察力を持ち、実践的指導力を備えている。(自立心・対話力・創造性)

ページトップ

健康福祉学部

以下の能力を身に付け、4年間のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、卒業論文の審査に合格した者に学士の学位を授与する。


  1. 社会福祉・栄養・健康運動等の専門職社会人として必要な知識・技術・問題解決能力を有しており、社会に貢献できる実践力を備えている。(自立心・対話力)
  2. 人々の幸福を目指して主体的・柔軟に、かつ包括的にマネージメントできる能力を備えている。(対話力・創造性)
社会福祉学科

以下の能力を身に付け、4年間のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、卒業論文の審査に合格した者に学士の学位を授与する。


  1. 社会福祉専門職として、あらゆる福祉課題の解決能力を身に付け、社会に貢献できる知識・技術と実践力を備えている。(社会福祉理念・価値・倫理・知識・技術)
  2. 家庭・地域社会・職場などで多様な課題に応え、生活・福祉・文化を包括的にマネジメントできる能力を身に付けている。(対話力・創造性)
  3. 社会福祉の理念や価値観をもち、人びとの幸福を目指して主体的かつ柔軟に行動できる。(価値・自立心・対話力・創造性)
健康スポーツ栄養学科

以下の能力を身に付け、4年間のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、卒業論文の審査に合格した者に学士の学位を授与する。


  1. 栄養士として必要な知識・技術を有しており、以下の能力を発揮できる者(自立心・対話力)。
    アスリート・障害者に対する栄養・運動指導のできる能力を持つ者。
    子どもから高齢者に対する栄養・運動指導のできる能力を持つ者。
    国際貢献のできる能力を持つ者。
  2. 社会人として自ら学ぶ能力を有する者(創造性)。

ページトップ

家政学部

以下の能力を身に付け、4年間のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、卒業論文の審査に合格した者に学士の学位を授与する。


  1. 社会に対する幅広い視野と自立心、責任感をもち、対話力を身に付けている。
  2. 専門分野に関する知識と技能を習得している。
  3. 思考力、応用力および創造性を身に付けている。
家政学科

以下の能力を身に付け、4年間のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、卒業論文の審査に合格した者に学士の学位を授与する。


  1. 生活の質の向上に活かせる家政学に関する高度な知識と技能を習得しているとともに、柔軟な思考力が身に付いている。(家政学知識・技能、思考力)
  2. 衣や住生活に関連する専門的知識と創造力をもって、家庭や地域、地球環境などの課題に応え、人びとと協力しながら率先して貢献できる実践力を備えている。(自立心・対話力・創造性)
管理栄養士養成課程

以下の能力を身に付け、4年間のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、卒業論文の審査に合格した者に学士の学位を授与する。


  1. 管理栄養士として必要な知識、技術、心構えを習得できている。
  2. 健康の維持・増進、疾病の予防・治療において栄養の教育・指導を行うことができる能力が習得できている。(自立している)
  3. 食に関する問題を解決する方策を提案できる思考力や行動力が身に付いている。(創造性がある)
  4. 職務に対する責任感や人とのコミュニケーション能力を身に付けている。(対話力を持つ)

ページトップ

看護学部

看護学科

以下の能力を身に付け、本学科のカリキュラムに定められた所定の単位を修得し、卒業論文の審査に合格した者に学士(看護学)の学位を授与する。


  1. 地域の保健医療福祉システムの中で生活している人々に対して看護ケアを自立して行う基礎的能力が身に付いている。
  2. 専門職業人として、生涯にわたって職業創造をしていく基礎的能力が身に付いている。
  3. 医療専門職として、倫理的実践および道徳的態度が身に付いている。
  4. 地域全体の保健医療福祉システムの中で、看護職間や他職種間で連携・協働していく基礎的能力が身に付いている。

ページトップ

神戸女子大学大学院

建学の精神に基づき、各研究科・専攻の定める要件を備え、大学院学則に定める修業年限以上在学し、所定の単位の修得並びに学位論文の審査及び試験に合格した者に修了を認定し、学位を授与する。

ページトップ

家政学研究科

自立した研究者または高度の専門知識を有する職業人として一定の能力を備えていると認められる者を厳正に認定し、認定された者に対して学位を授与する。

食物栄養学専攻

食物栄養学専攻博士前期課程では、広い視野にたって精深な学識をうけ、「食と健康」における研究能力、ならびに高度の専門性を担う卓越した能力を習得した人に授与する。

博士後期課程では、食物、栄養ならびに健康の維持増進に寄与するため、自立して研究活動を行い、生活の質に資する高度に専門的な知識とそれに必要な研究能力、及びその基礎となる豊かな学識を養い、この方面の指導的立場にたてる能力を有するものに、または、高度の専門性を要する職業等に必要な能力を習得した人に授与する。

生活造形学専攻

博士前期課程では、生活造形学に関して幅広く統合的な知識を身に付け、研究を推進するための科学的思考や方法論を身に付け、実践できる基礎的能力を習得し、複数の教員による指導のもとで修士論文を作成し,修士論文発表会で発表し,審査に合格した人に授与する。

博士後期課程では、持続可能な社会の実現に寄与するため、自立して研究活動を行い、生活の質に資する高度に専門的な知識とそれに必要な研究能力、及びその基礎となる豊かな学識を養い、在学可能な年限内に修得単位や公表論文数などの学位請求資格を満たし、複数の教員による指導のもとで博士論文を執筆し、審査および口述試験に合格した人に授与する。

ページトップ

文学研究科

  1. 博士前期課程では、一定の単位を修得したうえで修士論文を作成し、的確な課題を設定して論証していく能力が養成されて、自立した研究者あるいは高度な専門的職業人をめざすにふさわしいと認められる者に対して、修士の学位を授与する。
  2. 博士後期課程では、毎年「論文指導演習」を履修して博士論文を完成させ、独創的で自立した研究者あるいはきわめて高度な専門的職業人としての能力を備えていると認められる者に対して、博士の学位を授与する。
日本文学専攻
  1. 博士前期課程では、独自の問題意識をもって当該領域の研究の発展に寄与する修士論文を作成し、日本文学・日本語および日本文化に関する幅広く深い知識・教養をもとに、社会において指導的な役割を果たすことができる能力を備えていると認められる者に対して、修士(日本文学)の学位を授与する。
  2. 博士後期課程では、学界の研究動向を主導するような独創性のある博士論文を作成し、自立した研究者として活動できる知識・思考力・資質をもとに、社会において指導的な役割を果たすことができる能力を備えていると認められる者に対して、博士(日本文学)の学位を授与する。
英文学専攻
  1. 博士前期課程では、課程における単位修得が良好であり、提出された修士論文によって、英文学、米文学、理論言語学あるいは応用言語学の分野において、的確な課題を設定して論証していく能力が養成されており、自立した研究者あるいは高度な専門的職業人をめざすにふさわしいと認められる者に対して、修士(英文学)の学位を授与する。
  2. 博士後期課程では、課程における単位修得が良好であり、提出された博士論文によって、英文学、米文学、理論言語学あるいは応用言語学の分野において、独創的で自立した研究者あるいは高度な専門的職業人としての能力を備えていると認められる者に対して、博士(英文学)の学位を授与する。
日本史学専攻
  1. 博士前期課程では、課程における単位修得が良好であり、提出された修士論文によって、日本史学・考古学・民俗学の分野において、独自かつ的確な課題を設定して論証する能力が養成されており、自立した研究者あるいは高度な専門的職業人をめざすにふさわしいと認められる者に対して、修士(日本史学)の学位を授与する。
  2. 博士後期課程では、課程における単位修得が良好であり、提出された博士論文によって、日本史学・考古学・民俗学の分野において独創的な研究を展開しうる自立した研究者あるいは学術的なスキルにもとづき実社会での様々な課題に対処しうる高度な専門的職業人としての能力を備えていると認められる者に対して、博士(日本史学)の学位を授与する。
教育学専攻
  1. 博士前期課程では、所定の単位を修得して修士論文を提出し、的確な課題を設定して論証する能力をもとに自立した研究者をめざし、あるいは教育学または心理学に関する高度の知識や実践的な技能および教育界や子どもに関する分野等の実社会で高度な専門的職業人をめざすにふさわしいと認められる者に対して、修士(教育学)の学位を授与する。
  2. 博士後期課程では、毎年「論文指導演習」を履修して、教育学または心理学に関する理論に立脚した科学的・実践的な研究能力を身に付けて博士論文を完成させ、「子どもの育ち」に関する高度な専門的知識と生涯学習の場を通じて社会に貢献する技能とをもち、独創的で自立した研究者あるいはきわめて高度な専門的職業人としての能力を備えていると認められる者に対して、博士(教育学)の学位を授与する。

ページトップ

健康栄養学研究科

健康栄養学専攻

本研究科が目指す教育は、「論理的な思考力」と「実験・調査などのフィールドでの活動力」とのバランスが取れ、さらに高度な専門的能力を有する「健康栄養学」に精通した人材を育成することであり、臨床領域、栄養領域、公衆衛生領域等での新たな活力となる人材を輩出することである。
本研究科のカリキュラムにより、自立した研究者または高度の専門知識を有する職業人として一定の能力を身に付け、所定の単位を修得した学生に学位を授与する。

ページトップ

専攻科

学校教育学専攻科

学校教育学専攻科のカリキュラムに定められた所定の単位を修得した者に修了を認定する。(資格取得の申請が可能となる。)

Campus/キャンパス

須磨キャンパス

〒654-8585 神戸市須磨区東須磨青山2-1
TEL:078-731-4416

ポートアイランドキャンパス

〒650-0046 神戸市中央区港島中町4-7-2
TEL:078-303-4811

三宮キャンパス

〒650-0004 神戸市中央区中山手通2-23-1
TEL:078-231-1001