神戸女子大学

Course


家政学科

家政学科

彩りに満ちた”次世代の暮らし”のために

社会が変わり、人びとは豊かで便利な生活を送っています。しかし、その一方で、少子高齢化や情報化社会の諸問題、資源や地球環境問題、輸入問題、暮らしのなかでの安心安全など新たな生活課題も発生しているのです。
これらの時代が抱える数々の課題を解決するため、家政学科では2011年度からカリキュラムの充実を図るとともに、「衣」と「住」に特化した専門のコースに加え、家政学の各分野を横断する「生活プロデュースコース」をスタート。
生活を多角的に捉えて研究し、次世代に向けて新しい生活を提示・実践できる人材を育成していきます。

コース紹介

被服デザイン科学コース

被服の材料、デザインや構成、服装心理、服装コーディネート、快適性、被服管理、品質管理など、繊維・アパレル業界の企画、開発研究、販売など幅広いニーズに対応できるよう、被服について広範囲に学びます。講義とともに、繊維や布の材料実験や生理学的な実験、衣服製作実習、アパレルCAD演習などにより、実践力を身につけます。

住空間コース

子どもから高齢者まですべての人が安心して快適に暮らすことのできる社会の実現を目指し、人と環境にやさしく、持続可能な住空間や地域空間について学習します。インテリアデザイン、都市デザイン、インテリアCAD、室内環境学などの実習・演習系の授業も充実しており、理論と実践の両方から学んでいきます。

生活プロデュースコース

広く地球環境、資源問題から家庭・家族・地域まで幅広く家政学の今日的課題について積極的に取り組み、より良い生活をプロデュースできるよう学んでいきます。消費生活科学、生活経営、ライフスタイル、さらに衣食住に関する生活文化などの講義による知識とともに、自分たちの生活に関わる実践的なプロジェクトを立ち上げ実施していく、生活プロジェクト演習を積み重ねることにより、社会で求められる高度なプロジェクトの実践力を身につけます。

ページトップ

学びのポイント

被服デザイン科学コース
服の素材からデザイン、品質管理、快適性など、講義や実習を通して幅広く学び、繊維・アパレル業界に求められる実践力を身につける。
住空間コース
インテリアデザインやCAD、室内環境学など、安心で快適なくらしのための空間づくりを、理論と実践の両方で学ぶ。
生活プロデュースコース
地球環境から家庭まで幅広いテーマで、よりよい生活を目指すプロジェクトを数多く立ち上げ、実践力を養う。
2年目からコースを選択
1年生で家政の基本を学習した後、2年生からは興味のあるコースを選択し、自分の進路に沿ったカリキュラムで学べる。

ページトップ

カリキュラム

カリキュラム 2017年度

拡大画像を表示

主要科目
  • 【A】家政学を学ぶ
    家政学を多角的・総合的に理解するための導入として1年生前期に開講。家政学科全教員によるゼミ形式で行います。これから学んでいく専門科目の魅力を知り、自らが研究を深めたい専門領域を考える絶好の機会となります。
  • 【B】ファッションデザイン論
    服装は、保護や運動に適する実用性、装飾美や構体美の審美性、習慣や伝統、規範の社会性、時代を反映する時代性をもっています。このような機能の形や色彩の効果、錯視などデザインの基礎理論やファッションのイメージなどについて学びます。
  • 【C】生活デザイン演習
    点・線・面による平面デザインから立体造形の制作といった、デザインの基礎を学ぶとともに、生活の場に存在する「道具」の中から自分でテーマを決め、生活に必要なもの、機能的で美しいオリジナル・デザインを考えます。
  • 【D】家庭科指導法Ⅰ・Ⅱ
    中学校・高等学校の家庭科教員免許を取得するための科目です。家庭科の目標、学習内容、学習指導方法、評価などを学習します。教材を選定し教具を自作したり、模擬授業で授業実践能力を高めたり、4年生の教育実習に備えます。
  • 【E】被服立体構成実習Ⅰ・Ⅱ
    衣生活が既製品化し、指先の巧緻性が失われつつあります。日常着を製作することにより、被服の構成を理解し、縫製技術を習得します。理論を学び、製作の知識を得ることにより、科学的・能率的な能力を養います。
  • 【F】被服平面構成実習
    日本の民族衣装である“きもの”について、その素材・構成・縫製などに関する基礎的知識を習得した後、浴衣の製作を通して縫製技術を身につけます。さらに、浴衣の着装・収納方法についても実践的に学びます。
  • 【G】福祉住環境学
    高齢者や障がい者など主に身体が不自由な人が、自立して日常生活を送るために必要な住宅や居住環境のあり方を考えることはこれからますます重要となってきます。高齢者や障がい者のために必要な居住改善のための知識と具体的な手法を体系的に学びます。
  • 【H】インテリアデザイン実習
    「人にやさしい住まい」がクローズアップされ、インテリアデザイン業界に生活者としての女性の視点が求められています。さまざまなライフスタイルや家族構成に基づいた平面計画から立体的なイメージパースの作成まで、快適な住空間のための実践的なノウハウを学びます。
  • 【I】消費生活科学(アパレル商品学を含む)
    誰もが消費者ですが、経済社会の中でどのような役割を担っているか考えてみることが重要です。合理的な消費者はどう行動するのかという消費者行動の基礎概念について理解し、消費生活の実態や諸問題について学びます。
  • 【J】生活プロジェクト演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
    次世代の生活を創造するために必要とされる課題を発見し、十分な調査研究を行い、解決に向けたプロジェクトを立ち上げ、討議を重ねて実践的に取り組みます。演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲと発展させていき、社会的なニーズに対応できる実践力を習得していく科目です。
  • 【K】テキスタイル/アパレルCAD演習
    CADを使って織物、ニット、プリント柄のデザインをしたり、衣服の型紙作成やサイズ展開など、アパレル製品の企画・設計を学びます。また、着装シミュレーション技術を使って布の色柄や服のデザイン、コーディネート、体形などによる着装時の印象の違いを考えます。
  • 【L】被服環境生理学実験
    人間-衣服-環境系の関わりについて総合的に理解することを目標に、人体機能学や快適環境生理学において学んだ内容を基礎にして、皮膚温や血流量、体脂肪、皮膚感覚の計測など生理学的実験を行い、結果を討議・考察します。
主な卒業論文のテーマ
  • 遊びながら学べる手作りおもちゃボックスの提案
  • 神戸らしい“ガーデン型緑化"の推進に寄与する鉢・プランターの基準の検証
  • 子どもの朝食と生活習慣
  • 古民家の構成要素と、その活用に関する研究
  • ジーンズの歴史と特性
  • ストレス軽減作用をもつ精油の効果について-グレープフルーツとクラリセージの比較-
  • 生活機器にみる科学技術とBaF2のコンピュータシミュレーション
  • セルロース/グルコマンナン複合体ペーストの食品への応用展開に関する研究
  • セルロースを用いてボディクリームを作成する
  • 男女における育児認識の差異
  • 通学・通勤電車の利便性と居住性に関する研究
  • 「都市」から「地方」への移住について~小豆島と砺波地方の比較から~
  • 避難生活において炭酸泉による下肢浴の効果について~身体的・精神的影響の比較~
  • 冒険遊び場づくり事業への自治体の取り組みに関する研究
  • マフラーによる冷え対策についての研究
  • 余剰国産木材の家具への展開
  • ランドセルの歴史と機能性
  • 若者が気軽に着物を着用するための取組について

ページトップ

    

キャリア・資格

取得可能な資格・免許
  • 中学校教諭一種免許状(家庭)
  • 高等学校教諭一種免許状(家庭)
  • 商業施設士補
  • 日本語教員資格
  • 図書館司書
  • 学校図書館司書教諭
大学院への進学

本学には大学院家政学研究科に生活造形学専攻(博士前期課程・博士後期課程)が設置されています。博士前期課程2年を修了すると「修士」、博士後期課程に3年以上在籍して学位論文に合格すれば「博士」の学位を取得することができます。

主な就職先リスト
金融業・保険業

株式会社みずほフィナンシャルグループ 株式会社池田泉州銀行
株式会社紀陽銀行 株式会社西日本シティ銀行
株式会社山口フィナンシャルグループ 株式会社富山銀行
株式会社但馬銀行 株式会社伊予銀行
株式会社福井銀行 大阪シティ信用金庫
金沢信用金庫 小浜信用金庫
但陽信用金庫 枚方信用金庫
損害保険ジャパン日本興亜株式会社 三井生命保険株式会社
明治安田生命保険相互会社 岡三証券株式会社

運輸業・通信業

西日本旅客鉄道株式会社
株式会社ネクストページ 京セラコミュニケーションシステム株式会社

建築業・不動産業・総合リース業

積水ハウス株式会社 株式会社一条工務店
穴吹興産株式会社 中央コンサルタンツ株式会社
セキスイハイム近畿株式会社 セキスイハイム東海グループ
住友不動産販売株式会社 関西不動産販売株式会社
パナソニックホームエンジネアリング株式会社 株式会社フジ・ホーム
株式会社みらい住宅開発機構 コーナン建設株式会社
かえで住宅販売株式会社 株式会社玉屋建設
大東建託株式会社 日本eリモデル株式会社
神鋼リース株式会社

製造業

株式会社ワールド UCC上島珈琲株式会社
日本メナード化粧品株式会社 トップ産業株式会社
兵神機械工業株式会社 平和発條株式会社
神戸合成株式会社 覚田真珠株式会社
株式会社ルナール ナパック株式会社
日本液炭株式会社 株式会社鞄工房山本
株式会社正徳 株式会社バリュープランニング
株式会社阪技

卸売業・小売業

MARK STYLER株式会社 株式会社サザビーリーグエストネーションカンパニー
ジャヴァグループ 青山商事株式会社
株式会社アーバンリサーチ 株式会社AOKIホールディングス
株式会社トゥモローランド 株式会社ストライプインターナショナル
株式会社ニトリ 上新電機株式会社
株式会社LIXIL Advanced Showroom 株式会社阪急阪神百貨店
神戸トヨペット株式会社 兵庫日産自動車株式会社
株式会社ゾフ ゴディバジャパン株式会社
資生堂ジャパン株式会社 株式会社カインズ

宿泊・飲食サービス業

一般財団法人休暇村協会 森トラスト・ホテルズ&リゾーツ株式会社

その他サービス業

株式会社パソナ 株式会社フロンティア
株式会社イオンファンタジー 株式会社メディカルアドバンス
株式会社山陰オフィスサービス 株式会社ABCクッキングスタジオ

複合サービス業

日本郵政株式会社 東とくしま農業協同組合
兵庫西農業協同組合 大阪南農業協同組合
兵庫西農業協同組合 生活協同組合おおさかパルコープ

教員

神戸市公立中学校 大阪市公立中学校
大阪府公立中学校 福井県公立中学校
神戸市公立高等学校 大阪府公立高等学校
学校法人スバルが丘学園神戸第一高等学校

公務員・その他団体職員

兵庫県警察本部 太子町役場
湯河原町役場

ページトップ

教員・ゼミ紹介

教授
氏名・担当科目 詳細
岡本 陽子
「被服平面構成実習」

きものは、平面的な布で平面的に縫製され、複雑な曲面を持つ人体に合わせるために着装時に工夫がなされる。この構成法を被服平面構成法という。それを理解するために“ゆかた”を製作し、着付け方を学ぶ。

岡本ゼミ
日本の伝統的な“きものの製作”だけでなく、染織方法、模様、配色、小物のコーディネート、着付けなど、きものに関するすべてのことを研究テーマとして取り上げます。特に、現代社会で失われつつある昔ながらの循環型衣生活のあり方に注目をして、“新しいきもの生活”をショー形式で提案、発表していきます。

岡本研究室HP

研究業績

梶木 典子
「基礎製図演習」

住居・インテリア空間を中心に私たちの生活環境を、観察・実測などを通して理解し、製図演習を行うことにより、自ら考え表現する力を養う。

梶木ゼミ
「人がいきいきと暮らしていくことのできる住環境」をテーマに実践的な研究を行っています。学生は身近なインテリア空間からまちづくりまで生活に密着した多様なテーマを選びます。地域活動実施団体や行政、企業などさまざまな機関に研究協力を呼びかけ、コミュニケーションを大切にし、「考える、行動する、振り返る」を繰り返し、実践力を育てていきます。

研究業績

ガンガ 伸子
「生活経営学」

生活を経営するということは、社会システムとのかかわりにおいて、家族・個人がもつ多様な資源を活用して、よりよい暮らしをマネジメントすることである。具体的には、家計管理や家族関係について学ぶ。

研究業績

砂本 文彦
「住生活文化論」

世界と日本の住生活の多様性と歴史的展開を、生活文化のあり様に即して理解する。そして、住まいのかたちが生活様式、ひいては社会をも作り出していることを知る。

研究業績

髙橋 和廣
「生活情報処理」

今日の情報化の進展に適切に対応するため、情報処理に関する基礎知識・技術を学ぶ。

研究業績

田中 陽子
「家庭科指導法Ⅰ」

家庭科指導法に関する入門科目として、家庭科の対象・教育課程・歴史から教科教育としての性格、ならびに家庭科の授業をするための基礎的・基本的事項について概説する。

研究業績

中西 正恵
「アパレルCAD演習」

パソコンを使った生地柄や衣服のデザイン、パターンメーキング、縫製仕様書の作成などCAD演習を通して、アパレル製品の企画・設計・製造・販売の流れを学ぶ。

研究業績

平田 耕造
「快適環境生理学」

気象条件の急変や室温差に対して、衣服はポータブルな快適環境を作り出す。衣服内や皮膚の温湿度、皮膚血流や発汗等を指標として、快適性を温熱生理学の立場から考える。

研究業績

山根 千弘
「繊維材料学」

これからは持続可能(サステナブル)な社会を目指す科学技術が必要。地球環境や生活環境にやさしい繊維科学を考える。

山根ゼミ
これからの時代は持続可能(サステナブル)な社会を目指す科学技術が必要です。繊維材料として一般的に使われているセルロースは地球上で最も多量に存在する有機物であり、また水と二酸化炭素から光合成される持続可能な資源です。セルロースを通じて地球環境や生活環境にやさしい繊維科学とは何かを考えていきます。

研究業績

准教授
氏名・担当科目 詳細
大森 正子
「人間工学・色彩」

誰もが安全で快適に使いやすく、かつ美しいモノと人との関係性を人間工学的視点から追求する。

研究業績

貝増 匡俊
「生活プロジェクト論」

日常生活やビジネス活動においてプロジェクト的な要素を持つものが多い。プロジェクトマネジメントの観点から現状を把握分析し、改善することで日々の生活をより豊かのものにする。

研究業績

来海 素存
「インテリアデザイン論」

女性の感性と美意識を活かして、現代生活に必要とされる快適な住空間や商空間デザインを学び、研究する。

研究業績

十一 玲子
「被服立体構成実習Ⅰ」

衣生活が既製品化している。作品を製作することにより、被服の構成を理解し、基本的な縫製技術・知識を修得する。

研究業績

ページトップ

家政学部紀要

神戸女子大学家政学部紀要は、下記より電子書籍形式で閲覧できます。


巻数
第50巻(2017年3月発行)
第49巻(2016年3月発行)
第48巻(2015年3月発行)
第47巻(2014年3月発行)
第46巻(2013年3月発行)

Campus/キャンパス

須磨キャンパス

〒654-8585 神戸市須磨区東須磨青山2-1
TEL:078-731-4416

ポートアイランドキャンパス

〒650-0046 神戸市中央区港島中町4-7-2
TEL:078-303-4811

三宮キャンパス

〒650-0004 神戸市中央区中山手通2-23-1
TEL:078-231-1001