神戸女子大学

Course


看護学科

看護学科

看護学部においては、本学のモットーである「自立心・対話力・創造性」を培う教育により、対話を通して患者の心、看護の在り方をよく理解し、創造的な思考で自ら考え、責任ある人間として自立した視野の広い看護職を育成することを目的に教育を行っています。

養成する人材像
教育理念

「温かな心を育む教育を基盤として、変化する社会の健康ニーズにコミュニティの観点から柔軟に対応し、だれもが安全・安心・安寧に生活していける社会と人々の健康に積極的に関与していける自立した看護職を育成し、看護学の発展をとおして、人類の福祉に貢献する」

教育目標

本学部の教育理念に基づき、以下にあげる5つの教育目標を掲げて、本学部の教育課程を構想しています。

  1. 目標1 人や社会との対話により、看護の表現力を育みます。
  2. 目標2 人々や学問への真摯な向き合いから、看護の実践力を育みます。
  3. 目標3 固有の文化を尊重し、すこやかな社会を想像する人を育みます。
  4. 目標4 病む人に寄り添う、自立した看護の専門職を育みます。
  5. 目標5 生涯にわたって看護学を探求し続ける力を育みます。

学びのポイント

実践力の高い教員
専門看護師として現場に立つ教員から、臨地実習の指導が受けられます。
さまざまな資格を取得可能
4年間で、看護師国家試験受験資格のほか、保健師、助産師の国家試験受験資格、養護教諭一種免許状が取得可能。
地域の医療機関と連携した臨地実習
医療産業都市である神戸市を中心にした、多くの医療機関での臨地実習は、段階的に目標を設定し、それぞれの目標に応じた実習を行います。
総合大学だから他分野も学べる
食や介護などの他学科の専門分野も学べる環境なのでさまざまなフィールドで活躍できるプロフェッショナルの看護職を育成。

ページトップ

カリキュラム

カリキュラム 2017年度

拡大画像を表示

主要科目
  • 【A】看護学概論
    看護の歴史を学び、看護とは何か、専門職になるとはどういうことかを学びます。看護対象となる家族、集団、地域、社会の健康課題を検討し、看護の重要使命である健康増進、疾病予防、健康回復、苦痛緩和について考察を深め、それをもとに健康に生きること、病気を生きること、死ぬということを知り、よりよい生き方の可能性を探求します。
  • 【B】医療看護実習Ⅰ
    この実習は看護専門職として社会に出て行く過程で最初に学ぶ実習です。医療施設内における施設管理の実際や、看護業務、看護実践の見学を通して、医療施設や看護職者の役割と機能について学ぶことや、患者とのコミュニケーションを通して、患者の入院生活や病気の体験を知ることを目的としています。
  • 【C】学びのグループゼミ
    学びのグループを編成し、教員がアドバイザーとして参加します。主に、実習を通して学んだ看護の対象者やその人の生活状況、看護について発表・討議を行い、他者の考えを聴く姿勢や自身の考えを相手に伝える方法を身につけていきます。実習体験での学びを共有するゼミには、アドバイザー兼ロールモデルとして臨床看護師(学外特別講師)を招聘します。
  • 【D】医療ケアシステム論
    保健・医療システムのしくみと、そのサービスがどのように提供されているかを理解し、医療に携わる多種多様な専門職のはたらきや、より良い医療を提供するためのチーム医療の重要性と実践方法を学びます。医療に潜むささまざまな危険や事故を予防し、安全なサービスを提供する取り組みを学びます。さらに保健医療政策を理解し、広い視点で看護の役割について考えを深めます。
  • 【E】小児看護論
    社会における子どもの権利、小児期における各発達段階の身体的、社会的、認知的特徴を理解し、子どもが健康に生活するための環境、支援について学びます。講義では視聴覚教材を多く用い、子どもの行動や子どもとのコミュニケーションについて学ぶことができるようにし、医療と教育、福祉との関係についても学びます。
  • 【F】養護概説
    学校保健推進の中核的役割を果たしている養護教諭に求められることは勤務する校種や対象となる子どもたちの発達段階、地域の状況によっても変化します。養護活動について具体的な展開方法を学び、発育・発達段階にある子供たちの健康問題の理解や援助方法を習得。保健室の機能を活かした職務を実践できる能力を養います。
  • 【G】予防看護論
    生活習慣病の一次予防に焦点をあて、食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等について学び、健康的な生活習慣づくりを支援する看護について学びます。さまざまなアプローチ法を知り、対象者が望む健康生活を創造する看護についてや、さまざまな施策と臨床現場での具体的な看護援助との関連性を理解します。
  • 【H】老年看護実践方法論
    高齢者の健康障害に対する看護援助の方法を学び、脳血管障害、認知症、心疾患、呼吸器系の疾患、パーキンソン病、骨・関節疾患等のケアを行うためのアセスメントや脱水・栄養障害、せん妄、褥瘡等の予防・看護援助について学びます。また、健やかに老いを迎えるための支援、終末期の高齢者についての理解を深めます。
  • 【I】こころの健康増進と看護
    自分自身の体験や実習での体験をもとに、さまざまな場や状況で人間が体験するストレスや危機、起こりうる精神的諸問題を理解し、その中でどのようにこころの健康を維持・増進するか、看護職の役割を考察します。現代社会、身体疾患により療養生活を送る患者、周産期の女性、そして看護職のこころの健康とストレスをマネジメントします。
  • 【J】助産学概論
    助産の対象である女性、主に周産期にある母子および家族を理解し支援するための知識を習得します。生命の誕生に関わる上で、倫理的視点から考察し、倫理的感受性を養います。また、世界の女性を取り巻く課題に関する法律・施策、社会資源について学びます。これらを通して、助産師としての視座を養い、助産実践の基礎を養います。
  • 【K】公衆衛生看護演習
    地域社会の中で生活および健康課題を解決するための保健指導技術を習得します。地域住民が自ら健康に関する課題を解決できる力を身につけられるような保健指導の方法を学びます。家庭訪問・健康相談などの個別保健指導技術と健康教育・グループ学習といった集団保健指導技術を習得し、実践できるように演習します。

ページトップ

    

キャリア・資格

取得可能な資格・免許
  • 看護師
    4年間の専門教育を受け、卒業(卒業見込み)と同時に看護師国家試験の受験資格が得られます。
  • 保健師(選択性)
    定員:20名
    • 保健師を選択した場合、卒業(卒業見込み)と同時に保健師国家試験の受験資格が得られます。
    • 資格取得には、看護師の国家資格取得が条件となります。
    • 保健師を選択した場合は、助産師受験資格は取得できません。
  • 助産師(選択性)
    定員:8名
    • 助産師を選択した場合、卒業(卒業見込み)と同時に助産師国家試験の受験資格が得られます。
    • 資格取得には、看護師の国家資格取得が条件となります。
    • 助産師を選択した場合は、保健師受験資格・養護教諭一種免許状は取得できません。
  • 養護教諭Ⅰ種(選択性)
    • 主に、小学校・中学校・高校等で児童生徒の健康管理全般を受け持つ「保健室の先生」になるために必要な資格です。
    • 所定の単位を取得すれば、卒業と同時に養護教諭一種免許状が取得できます。
    • 養護教諭一種免許状資格を選択した場合は、助産師受験資格は得られません。
  • 養護教諭Ⅱ種(選択性)
    • 保健師免許を基礎資格として、養護教諭Ⅱ種免許状の授与を受けることが可能です。
    • 教職員免許法施行規則第66条の6に指定された科目を習得し、個人申請により取得できます。
  • 受胎調整実地指導員(選択性)
    • 受胎調整の実施指導を行うことのできる国家資格です。
    • 指定された科目を履修し、助産師の資格を取得した後、住所地の都道府県に申請することにより取得できます。
卒業後の進路イメージ

病院/ 保健所/ 行政機関/ 訪問看護ステーション/ 診療所/ 助産所/ 地域包括支援センター/ 小・中・高等学校の保健室 ほか

ページトップ

教員・ゼミ紹介

コミュニティ・ケアシステム領域

教授
氏名・担当科目 詳細
東 ますみ
「生活援助学」
「遠隔看護・看護情報学」

情報通信技術を活用して、看護を人々の元に届けませんか!
私は、働きながら社会生活を送っている糖尿病の方に、iPadを用いてケアを提供しています。手を触れてのケアはできませんが、生活の場に看護を提供することができる、“遠隔看護”という新しい分野を一緒に造り上げて行きましょう!

研究業績

魚里 明子
「地域看護学」

看護界への誘い
“人の役に立つ仕事をしたい!!”と考えているなら、看護職は絶対はずせません。“しんどいお仕事ですよね。”といわれますが、本人たちは結構、輝いています。働けば働くほど、“看護師・保健師・助産師”の魅力に取り憑かれてしまうのです。
看護の世界にどっぷりはまってしまっている私たちとご一緒しませんか。

研究業績

宇賀 昭二
「公衆衛生学」

神戸の中心で我々と一緒に看護を学んでみませんか?
“医療専門職者になって世界に羽ばたく”なんて夢も、捨てたものではないですよ!

研究業績

野並 葉子
「基礎看護学」

自分の将来の可能性に、4年間という時間と地道な努力を投資してみませんか!
そんな貴女をサポートします!

研究業績

藤田 冬子
「老人看護学」

みなさんと看護の楽しさを学ぶことにワクワクしています。
大学や病院を始めさまざまなコミュニティで学生さんや看護師さん、チーム医療を担う医療職や地域で活躍する保健医療福祉の専門家、さまざまな方と超高齢・多死社会のケアを構築していけたらいいなと考えています。

研究業績

准教授
氏名・担当科目 詳細
川喜田 恵美
「老人看護学」

講義も演習も大事ですが、それらを合わせた実習は知識と技術そして様々な人間力が求められます。
人との関わりの中で大きく成長してみませんか?

研究業績

専任講師
氏名・担当科目 詳細
小路 浩子
「地域看護学」

地域や職場で人々の健康づくりのお手伝いをするのが保健師の仕事です。
人々が自分らしい豊かな人生を構築し、住み慣れたまちで生き生きと暮らすために何ができるのかを住民さんとともに考えていきます。
私は小さな町役場で保健師として働き、住民の方々からかけがえのない多くの宝物をいただきました。その宝物をひとつでも多く伝えていけたらと思っています。

研究業績

馬場 敦子
「生活援助学」

十数年間、慢性疾患看護専門看護師として、肥満、糖尿病といった生活習慣病を予防する看護を実践してきました。産業保健師として実践していた時期もあります。
食べること、体を動かすこと、働くことといった“生活”と健康との関係を継続して探求しています。

研究業績

福山 敦子
「在宅看護学」

精神科、消化器外科、ICU、救急などでの病院勤務を経て、訪問看護師として7年間勤務していました。病院は大学病院が中心で、先端医療に邁進していましたが、そこで患者さんの「病む」体験を支えることとはどんなことなのか、という問いがうまれ、現在は訪問看護師としてひとの生老病死に寄り添うことを模索しています。

研究業績

助教
氏名・担当科目 詳細
小林 愛

日本&ベトナムで、地域保健、病院勤務を経験した後、利用者さんのご自宅へ訪問し看護を行う訪問看護師になりました。
利用者さんやご家族と一緒に泣いたり笑ったりしながら、その方が自分らしい生活を送られるよう専門家としてサポートできればと思っています。
素敵な看護師を目指して、ぜひ一緒に学びましょう!

研究業績

服部 めぐみ

看護職(看護師、助産師、保健師)は、赤ちゃんからお年寄りまでの健康を支援し、また生命の誕生や死といった人間の尊さを深く考えることのできる職業です。素敵な職業や人々に出会うために、神女で一緒に看護職を目指しませんか。

研究業績

溝畑 智子

私は高校生の時に、海外で看護師として働きたいと思ったのがきっかけで看護師になりました。日本の病院で看護師として働いた後、アフリカの村で乳幼児健診や栄養指導、感染予防教育などを行っていました。
看護の対象は、日本人だけではなく、病気の人だけでもありません。看護は学べば学ぶ程奥が深く、どんどん楽しくなっていきます。
皆さんもぜひ看護の世界へ!!

研究業績

助手
氏名・担当科目 詳細
平井 麻紀

臨床時代は、神経内科や免疫内科に勤務していました。患者さんや患者さんの家族との出会いは、看護師として成長するために、たくさんのことを学ばせてくれました。
また、学生時代の仲間との出会いも自分が苦しんでいるときに助けてくれる大切な存在です。
素敵な人々に出会うために看護の世界に一歩を踏み出してみませんか。

松村 泰子

大学時代、同じ目標をもつ友人と専門の知識を学んでいくのはとても楽しかったですし、ダイビングサークルに所属し、バイトもして、休みも含めて有意義な大学生活を送りました。
卒業後は総合病院で看護師として勤務し、現在は日々学びながら高齢者の療養環境について考えています。
医療や看護への興味や憧れを形にできる場所で、ぜひ一緒に学びましょう。

三苫 美和

私は交通外傷による多発性骨折や脊髄損傷などの治療・リハビリが主となる救急・重症集中治療室や整形外科病棟で看護師経験を積んできました。入院中の患者さんは、病気や障害、治療のためになんらかの形で不自由を伴います。患者さんの持つ回復力、自立への手がかりを探りながら日常生活の援助を実践し、患者さんやご家族とともに回復を喜べることが看護の魅力であると実感しています。

医療看護領域

教授
氏名・担当科目 詳細
加堂 哲治
「病態学」
「看護病態学」

40年間、神戸大学病院、兵庫県立病院で呼吸器内科医をやっていました。
少子高齢化の現代、医療・介護が生活の上で重要になっています。そしてこれらを担う多くの優れた看護師が求められています。科学的根拠に基づいた判断ができ、患者さんの目線に立った、優しく思いやりのある看護師を目指して、一緒に勉強しましょう。

研究業績

洪 愛子
「成人看護学」

専門的な知識と技術を身に付けた専門職として、人々のいのちにかかわる看護師は、やりがいと誇りをもてる仕事です。
そして心を豊かにし、学ぶ楽しさを実感できる私たちの大学で看護師を目指しましょう。

玉木 敦子
「精神看護学」

私の専門は精神看護学です。
“こころのケア”といえばわかりやすいかもしれませんね。人々の笑顔、幸せ、健やかな生活を支える看護をともに学びましょう!!

研究業績

横内 光子
「成人看護学」
「成人(急性期)看護学」

急病や大きなケガ、あるいは手術を受ける患者さんの回復を支援する「急性期看護」を専門としています。
授業では、心身ともに極限状態におかれ、自分から苦痛を表現することすらできない患者さんに対して、脈拍・血圧の変化や皮膚の色、筋肉の緊張など、「身体の声」を的確にとらえて、回復に必要なケアを迅速に判断・実施する力を身につけます。
患者さんと共に回復を喜べること、これこそ急性期看護の大きな魅力です。

研究業績

専任講師
氏名・担当科目 詳細
大谷 利恵
「精神看護学」

大学教員になって8年目になりました。
精神科病院の実習では、学生は最初はとても緊張していますが、患者さんと真剣に向き合って迎えた最終日には、素敵な笑顔になります。学生が「難しかった、でも楽しかった」と言えるように、支え、応援できる教員でありたいです。

研究業績

藤原 由子
「成人看護学」
「成人(慢性期)看護学」

私たちにとって身近なアレルギー疾患を慢性期看護学の視点を通してチームで考えてきました。今は大学に所属し、病院の外側から参加しています。

研究業績

元木 絵美
「成人看護学」
「成人(治療)看護学」

大学の教員になる前は、慢性疾患看護専門看護師として働いていました。
関節リウマチ患者さんが、病気や療養について気軽に相談できる場を提供するよう努めてきました。最も相談が多かった項目は、フットケアです。関節変形に伴って、関節リウマチ患者さんの足にはフットトラブルが繰り返し起こるからだと思います。

研究業績

助教
氏名・担当科目 詳細
奥井 早月

慢性期疾患看護専門看護師として、主に糖尿病患者さまを対象に多職種と連携してチームとして活動していました。
多職種と連携するためには看護師の役割という視点をしっかり持つことが大切です。

研究業績

高橋 秋絵

大学生の頃は保健師もいいなぁと思っていましたが、卒業後は入学時に目指していた看護師になりました。
その後、保健師への思いを捨てきれず市町村保健師になり、現在は教員です。
看護職には様々な働き方がありますので、学びながら一緒に将来を考えて行きましょう!

研究業績

鷲田 幸一

15年間、県立病院の循環器病棟で勤務しました。H24年に慢性心不全看護認定看護師資格を取得し、現在は心不全患者さんのケアを専門とし、多職種チームで心不全患者さんのケアが行えるよう学会を中心に全国で活動しています。H29年度からは後輩育成や研究を進めていくことを考え教員になりました。認定看護師・専門看護師の多いこの大学で看護師になる勉強だけでなく、専門家の貴重な知識・技術・経験を学んでいきませんか。きっと貴重な4年間になりますよ。

研究業績

助手
氏名・担当科目 詳細
植田 奈津実

私は看護師としての時間のほとんどをがん患者さんと喜んだり、泣いたり、笑ったり、悩んだりしながら過ごしてきました。そして、そこには患者さんだけでなく、たくさんの人との出会いがありました。今ではそれらの経験はとても大切な宝物になっています。そして、今はその宝物を大切にしながら、私なりの看護について考えています。

佐々木 亮輔

小さい頃からの夢ではなく、高校2年生のときにナースマンと出会い、なんとなく目指していた工学部から看護師になることへ志を変え、看護師となり、そして今は教員となりました。
看護師は大変やり甲斐のある仕事です。
立派な看護師を目指し、この新しい校舎で、一緒に学んでいきましょう。

長谷川 有里

手術を受ける患者さんが入院する外科病棟と、ドクターヘリ等で来院した重症患者さんを治療する高度救命救急センターで働いていました。日々患者さんの状態は目まぐるしく変化し、毎日病棟中を駆け回っていましたが、その中で出会ったたくさんの患者さんと素敵な先輩達から多くの事を学び、とても充実した楽しい毎日でした。
一緒に勉強していく中で、皆さんに“看護師って面白い”と伝えられたらいいなと思います。

成育看護領域

教授
氏名・担当科目 詳細
内 正子
「小児看護学」

子どもが好きで、小児病棟で働いていました。
子どもがもっている力を最大限に引き出すことができる看護を研究し、教育しています。小児看護において、少子化社会の課題は多岐にわたります。
一緒に子どもや家族のために創造していきましょう!

研究業績

下敷領 須美子
「母性看護学・助産学」

みなさんこんにちは!
私が助産師という職業に引き付けられたきっかけは、母性看護学の臨床実習で初めて出産に立ち会ったときに聞いた“赤ちゃんの産声”です。なんと力強い、なんと神秘的な、なんと幸せにあふれた産声でしょう!
みんなが笑顔で喜び合う、そんないのちの誕生のお手伝いができる看護師・助産師を目指して、一緒に勉強しませんか?

研究業績

准教授
氏名・担当科目 詳細
田村 康子
「母性看護学・助産学」

世界中のお産がより安全で幸せなものとなればと思いから助産師となり、現在は教育と研究を主な活動の場としています。JICA技術協力プロジェクトの長期専門家として赴任したモロッコを、その後の研究フィールドとして、助産師さんを対象に産通緩和ケアを習得するプログラムを実施しています。

研究業績

専任講師
氏名・担当科目 詳細
牛越 幸子
「母性看護学・助産学」

成育看護領域の中の母性看護学と助産学を担当しています。命が誕生する素晴らしい場面を共有し、学生の皆様と学びたいと思います。教員になって、学生の皆様から受ける刺激が素晴らしい糧になっています。
これからも学生の皆様と一緒に新たな発見や刺激を受けて成長したいと思います。

研究業績

菅野 由美子
「小児看護学」

私は小児専門病院に勤務し、こども達の看護を実践してきました。
そこで感じたことは、こども達の持っている力はすごいということ。その笑顔で周りを元気にする力や、こども達なりに一生懸命生き、対処する能力を持っています。
私は、そんなこども達の力を引き出し、がんばりを認めることができる看護師が素敵だと思います。
皆さんと一緒にこども達を支える看護について学べるのを楽しみにしています。

研究業績

丸山 有希
「学校保健学・学校看護学」

みなさんこんにちは! 学校保健と養護教諭養成を担当している丸山です。
私は看護師として働いた後、養護教諭に転職しました。“看護師の資格がある保健室の先生だから心強いわ。”と保護者の方や同僚の先生方に何度となく言われ、学校現場では看護の知識や技術が求められていることを実感しました。
子どもたちに元気がもらえる学校現場で働いてみませんか?

研究業績

助教
氏名・担当科目 詳細
岡本 恵

助産師の経験ののち、看護大学の教員として産婦人科での実習を担当してきました。
産婦人科が他の病棟と異なるところ、それは新たな命が生まれる場ということです。実習では、出産に立ち会わせていただいたり、赤ちゃんの沐浴をさせてもらったり・・・学生さんと一緒にお母さんや赤ちゃんからパワーをいただいています。

研究業績

西方 弥生

看護師1年目から十数年、小児病棟で働いてきました。
看護師として働くときに、学生時代に学んだことが基礎となり患者さんへの看護に活かせます。
共に学び、保健師・助産師・看護師を目指してみませんか?

研究業績

助手
氏名・担当科目 詳細
宇佐美 友里

今まで助産師として総合病院の産科や地域の助産院で、様々ないのちに触れてきました。赤ちゃんの生命力にパワーを貰い、お母さんの優しい眼差しに癒されながら働いていました。お産という家族の新たなスタートに関わり、生まれた子どもたちやその家族が笑って過ごせる社会になることを願いながら、看護職として出来ることを模索中です。皆さんも一緒に学んでみませんか。

内田 みさと

助産師を志したのは、高校生の時に看護体験に参加し直接助産師さんとお話ししたことがきっかけです。その時、赤ちゃんに触れることができることに魅力を感じました。実際に働くと赤ちゃんだけでなく、赤ちゃんを迎えるご家族、将来赤ちゃんを迎える学生との関わりなどたくさんの魅力にあふれていることがわかりました。性教育や離島医療などを経験した今、あの時の助産師さんのように魅力をお伝えできたらいいなぁと思っています。

吉竹 佐江子

私は急性期病院の小児病棟看護師として働いていました。また、小児アレルギーエデュケーターとして現在も活動をしています。“子どもたち、そしてそのご家族にとって、よりより看護とは何か?”を皆さんと一緒に学んでいければと思っています。

ページトップ

看護学科特設ページ

看護学科特設ページ[PDF:4.24MB]

Campus/キャンパス

須磨キャンパス

〒654-8585 神戸市須磨区東須磨青山2-1
TEL:078-731-4416

ポートアイランドキャンパス

〒650-0046 神戸市中央区港島中町4-7-2
TEL:078-303-4811

三宮キャンパス

〒650-0004 神戸市中央区中山手通2-23-1
TEL:078-231-1001